次にカラーするまでの期間は?カラーの種類に合わせて間隔が変わるって知ってましたか?

みなさんカラーをする方はどの位の期間で染めていますか?なんとなく気になったら…なんて方も少なくないのではないでしょうか。この位の期間ならキレイでいられるという目安を伝えていきますね。また、カラーの種類に合わせた来店間隔もしっかりとお話しさせて頂きますのでぜひ最後までお付き合い下さい。

はじめに

白いセーターを着た濃いめのブラウンカラーのオシャレ女子

カラーをしている人が疑問に持つことをまとめてみました!

今やカラーをしてる人、またはしたことがあると言う方はかなり多いのではないでしょうか?近年SNSの普及によりやってみたいスタイル、可愛いと思う髪色も簡単に目に触れる機会が増えましたよね。そこで今回は定期的に染めたい方必見の疑問にいくつかお答えしていきます!

どのくらいの期間でカラーすればいいの?

頭の中がハテナの白いワンピース女性

美容師の立場から「美しく髪が見られる」為のポイントをお伝えします!

これはよく聞かれますね。基本的にはお客様のライフスタイルに合わせて無理なくということが大前提となってきます。なのであくまで美容師としてオススメするキレイな状態を保つにはという観点から考えます。

いわゆる賞美期限というやつです。美しく見られる期間、美しくいられる期間のことです。
まず大きく分けて「ファッションカラー」「白髪染め」「ブリーチカラー」の3種類に分類できます。

ファッションカラーの間隔は?

ポイントを指さす白いワンピース女性

トップの部分は、伸びた長さの倍みえてしまいます!

まずおおよそ1カ月で伸びる長さが個人差にもよりますが、1cm~1.5cmと言われています。
そうすると2カ月で3cm程になるわけです。3cm伸びていると言うことは、トップの分け目は根元が両側分見えるので6cm空いてるように見えてしまいます。

6cmも黒い所があると思うとけっこう目立ちますよね。なので伸びた根元のことだけを考えても、1カ月半位が目安になります。毛先の色の持ちに関しては染めた色や明るさにもよりますが1カ月半後には色が落ちてしまいます。

シャンプー台で癒されながら髪を洗われる女性イメージ

色が抜けてしまってオレンジ調になってしまわないように・・・

基本的にシャンプーするたびに色は流れていってしまうので、1カ月半で約50回程度シャンプーした頃には、染める前くらいにまで戻ってしまう可能性はありますね。

そして日本人の多くは抜けるとオレンジっぽくなるのも特徴で、この色合いが嫌だと言う方はとても多いです。

そこで、僕なりにプランを2つ考えました。

プラン①:周期としては今日染めてから1カ月半から2カ月ごとに全体染め

グレーの網目セーターを着たマロンカラーのショートヘア女性

吉祥寺の美容室クロードモネ 吉祥寺店のスタイルより

毎回同じ系統でのカラーを積み重ねて染めることでクオリティを上げていくことができます。これはどういうことかというと、前回の色があるていど残っている状態に前回と同じ系統の色合いのカラーをした方が色の染まり具合も良いですし色持ちも良くなります。

つまり短期間のあいだに毎回全体染めを繰り返していく方が色がキレイに出るし色持ちも良くなっていくわけです。

特にアッシュ系なんかの抜けやすい色はこの方法で染めていくととてもキレイに色が出るようになってきます。

プラン②:今日染めてから1カ月半後に根元だけ染めて3カ月以内に全体染めの交互で染めていく

柄のワンピースを着たナチュラルヘアのアンニュイな女性

横浜の美容室アトリエシックスのスタイルより

今回のカラーから次回のカラーまで空きすぎないので、常にプリンの状態でなくいられますよね。また、2カ月半に1回の全体染めなら前回の色が抜けきるので逆に次の色に移行しやすく、季節に合わせたカラーが楽しめるのがメリットですね。

前回の色が残っているとそれが邪魔になってしまい色を変えたいのに、うまく色が入らない場合があったりします。なのでいろいろな色を楽しみたいという方はプラン②をオススメします。

白髪染めの間隔は?

美容師さんが女性の髪を白髪染めする様子アップ

伸びてきた「白い部分」を上手に手当していくことが、ポイント!

基本的にペースはファッションカラーと同じです。ただファッションカラーと白髪染めとでは気になるポイントが違いますよね。

ファッションカラーは新しく伸びてきた黒いところが気になるのに対して白髪染めは、新しく伸びてきた白髪が気になるということ。

この場合は先ほどのプラン②でも良いのですがあえて違う選択をオススメします。

プラン③:1カ月に1回根元染め+毛先はファッションカラーで全体染め

白いニットを着たナチュラルブラウンカラーショートヘアのチャーミング女子

表参道の美容室スタジオテオのスタイルより

これはどういうことかと言うと、白髪染めはやはり暗くなりやすいカラー剤です。なので白髪染めで全体を染めてしまうと、どんどん暗くなっていってしまいます。

そうならないように、根元は白髪染めで毛先はファッションカラーというように染めていくと毛先は暗くならずに明るく保つことが可能です。

まだまだ白髪がまばらに生えてきてる方はこういったやり方が有効になります。
白髪染め=暗い、というわけではありませんからね。

ブリーチの間隔は?

白いオシャレスウェットを着たシルバーカラーのショートウェーブヘア女子

美しいハイトーンスタイルもブリーチ使用なら手に入ります。(画像は名古屋の美容室BALBAOのスタイルより)

ブリーチに関してはどんなデザインかにもよりますが今回は根元から毛先まで全体的にブリーチをしていてしっかり全体に色を入れているとしましょう。

その場合色が抜けて全体を染める間隔と、根元の黒いところが伸びてきて再度ブリーチをして繋げる間隔と別になってきます。

まずはやはり全体的に色が抜けてまた色を入れるまでの間隔ですね。
ブリーチはとてもキレイな色が出せる反面、色持ちはあまりよくないのが特徴です。なので僕のオススメプランはコチラ。

プラン④:周期としては今日染めてから3週間〜から1カ月ごとに全体染め

バカンススタイルではにかみ笑顔のナチュラルブラウンミドルヘアの女性

札幌の美容室auraのスタイルより

そんなペースで染めて大丈夫?と、よく聞かれますが大丈夫です。

ブリーチであろうと、普通のカラーであろうとその時のダメージによって、カラーの配合を変えるのでダメージは最小限に抑えられます。

すでにダメージが強い状態であれば、カラーの色も入りやすい状態なので、ダメージを抑えた配合にすることによって、ダメージの低減だけでなく仕上がりのキレイさや、色持ちにも良い影響を与えてくれます。

それよりも先ほど伝えたように色が抜けた状態の方がよほど傷んで見えてしまいます。

では、ブリーチのスタイルを維持していきたい場合根元の黒い所をブリーチするにはどれくらいの間隔かというと。

プラン⑤:今日染めてから3週間後に全体カラー→そこから1カ月後に根元のブリーチと全体カラー

毛先を明るめゴールドカラーにしたアンニュイな感じの外国人女性

名古屋の美容室BALBAOのスタイルより

全体カラー→ブリーチ+全体カラー→全体カラーというループを基本は1カ月の周期で。
それ以上空くと黒いところが伸び過ぎてしまうと、すでにブリーチしてある明るいところと、上手く繋がりにくくなってしまいムラになりやすくなってきます。

ただやりたいスタイルによってはブリーチを継続していく必要のない場合もあるので、担当美容師としっかりと2、3カ月ごとのプランを話しておくとよいでしょう。

例えば根元暗めで大丈夫なグラデーションカラーのようなデザインであれば地毛を活かせるのでブリーチを繰り返していく必要はありません。

なので、根元のプリンをあまり気にしたくないという方や、妊婦さんやどうしても仕事や子育てで頻繁に来れないという方はグラデーションカラーが絶対的におススメです!

結局毎回全体染めるのと根元だけ染めるのどっちがいいの?

毛先をお嬢様カールに巻いて白シャツを着たキラキラ女子

横浜の美容室marengoのスタイルより

僕個人の見解を。結果から先に申しあげますと毎回全体染めの方が見た目としてはキレイに見えますし、まとまりなんかもよくなったりするので根元だけ染めるよりも全体染めを繰り返す方がキレイに見せることができます。

そもそも何でそんな疑問が生まれるか?ですがやはりみなさんダメージを気にして、ということだと思います。

ずばり!カラーをすれば全体でも根元染めでも必ずダメージはあります。
オーガニックカラーだからダメージを全くしないとか、根元だけ繰り返してたらダメージしないなんてことはありません。
髪の内部に入らず外側に色をコーティングするようなマニキュアやカラートリートメントは別ですが。

毛先がオレンジ色になってしまった女性の髪アップ

全体染めをした方が、ダメージヘアも見えにくく・目立ちにくくなります。

ならリタッチだけの方が良くない?ってなりますよね?
ダメージが蓄積していくよりは毎回新しく生えたところに染めた方が傷みは抑えられますからね。それはその通りです。
しかし実は、傷んで見えないのは毎回全体染めすることです!

どういうことかというと、先ほど言ったように日本人の髪質的に多くの方は染めた色が抜けるとオレンジっぽく色落ちします。
そうやって抜けた色合いは傷んで見えやすい状態の色なんです!

髪に薬剤をつければもちろんダメージはありますが、それを差し引いてもしっかり全体を染めた方が見た目としては傷んで見えないし、毛先のまとまりなんかもよくなったりします。

そういったことを踏まえて毎回全体染めする方が結果的にメリットがたくさんあるという訳ですね。

ツヤ感を出すためにトリートメントをしている様子アップ

美容師さんが、髪の状態に合わせてケアをしてくれます!

あとは、髪の毛の状態をしっかり見てダメージが強いところには負担が軽い配合、根元の黒くしっかり明るくしなければならないところは通常のカラーの配合を。

と、いった具合で美容師がきちんと毛髪診断をして適材適所に薬剤を使うことでダメージを最小限に抑えることができます。

最近のカラー剤はとても優秀でむしろ染めた方が手触りが良くなったり、ツヤ感もトリートメントしたかのように出たりします。

カラーは必ず色落ちもしますし、傷まないカラーは今のところありません。しかし定期的にお手入れをしていくことでよりキレイにあなたらしくいられることができると考えております。

おわりに

品のあるナチュラル茶色髪ボブヘアの女性が白ニットを着ている様子

表参道の美容室studio Teoのスタイルより

カラーはどういったカラーをするのかで期間にはズレがありますが、だいたい1カ月〜2カ月が賞美期限というのが目安になると思います。

しかしながら毎回カラーをすれば傷みはあります。
それでも毎回全体を染めることでキレイに見せられますし、キレイに感じることができます。

むしろ積み重ねていくからこそできるクオリティという領域へ。そういったカラーの配合や時間配分をお客様それぞれの方に合わせて施術していきます。

施術後の輝く髪に天使の輪が出ている様子アップ

「私のこと分かってくれてる!」という美容師さんに出会うことも、大切ですよね。

それがサロンカラーの1番の価値であり、お客様1人1人に合わせたあなたのためのオートクチュールカラーですからね。ぜひ信頼できる美容師と一緒にカラーのスタイルをもっともっと楽しんでもらえればと思います。

僕は、通えるサロンや任せられる美容師が見つかることで、もっと自分に自信を持てるようになって、今よりも充実した人生を送れると考えております。
髪が変わればメイクやファッションが変わり、そうすると周りからの見られ方が変わり、いつの間にか自分自身あるいはライフスタイルまでもが変わります。

僕ら美容師はそのお手伝いができればこれ以上うれしいことはありません。

ベストサロンレポートではこれから安心して通える美容室を探したいと思っているあなたのお役に立てるように、カラーが得意なサロンなどにカテゴライズして、おススメなサロンをご紹介しておりますのでぜひ役立てて頂ければと思います。
最後まで読んで頂きありがとうございました!

「カラー」のおすすめサロンのまとめ記事

カラーについておすすめのサロンを特集しています。お近くのエリアの記事をぜひ確認してみてください!

カラーがおすすめの美容室まとめ

美容室をもっと好きになれるメディアBSR PRESS
フォローして新着記事をチェックする
pageTop