黒染めした後、髪色を明るくできますか?

ハイトーンヘアや白髪のある髪を手っ取り早くダークトーンに戻すことができる「黒染め」。ファッション的な意味合いだけでなく、就職活動などで行う方もいるかもしれませんね。便利な黒染めですが、意外とガッツリ染まるため、その後のカラーが不安になってしまいます。黒染め後のカラーはしっかりトーンアップできるのかどうか、調べたことをまとめました。

color-after-black-黒髪の女性

黒染めの後のカラーリングは意外と難しい!?

もちろんできないことはありません。
ただ黒染めをした後にカラーをすると、染まりづらくなったり、ムラになったりしやすくなる場合が多いため注意が必要です。

黒染め→カラーリングのポイント

color-after-black-絵の具

黒く染めるのは簡単ですが、黒から明るく染めるのは難しいのです。

黒染めの染料は通常のファッションカラーの色味よりも濃く、髪の中から抜けづらい配合になっています。
そのため、新しく色を入れたとしても黒い染料が邪魔をして、思った色味が出なかったり、明るい発色の色味に勝ってしまいます。
また、黒染めした部分よりも新たに伸びてきた髪の方が染料に染まりやすいため、根元や黒染めの色素が抜けてしまった部分だけ明るく、黒染めの部分は暗い色のまま染めムラになってしまいます。

color-after-black-カウンセリング

黒染めに使用していた染料が何かなんて覚えませんよね。美容室では履歴が残るので安心ですよ!

この黒染めの染料は1年ほどたっても残っていることがあり、伝え忘れたまま美容室でカラーをすると、プロのスタイリストでも綺麗に染められないことがあります。
髪の傷み具合で染料の残り方は変わってくるので一概には言えませんが、行きつけの美容室で黒染めをしてもらうと、カルテなどに記録が残るため対処方法が判断しやすく、その後カラーがしたくなったときも比較的、綺麗に染めてもらえる可能性が高くなります。

また、ホームカラーの黒染めはサロンで使用する黒染めの薬剤よりも染料が濃いため(どんな髪の方でもしっかり黒く染まるように)、よりその後のカラーリングが難しくなる傾向があります。
しかし、この黒い染料を分解し、理想の色に近づける方法がないわけではありません。

黒染めの染料を抜く方法

color-after-black-困っている女性

ブリーチ剤は髪への負担が大きいのでおすすめはできません。

1.ブリーチ剤で脱色する

ブリーチ剤を使用することで黒い染料を脱色する方法があります。
ただ髪への負担が大きいので、あまり良い方法とは言えません。
完全に黒い染料が抜けきらなかったり、黒い染料の残り具合によっては何度かブリーチを繰り返す必要がでてくるため、その分大きなダメージを受け、髪の毛自体の美しさを損なってしまいます。

color-after-black-薬剤

この方法は主流でないため、扱っているお店はすごく少ないようです。

2.脱染剤で分解する

もう1つの方法は「脱染剤」という薬剤で、黒い染料を分解する方法です。
完全に黒い染料を落とし切ることはできませんが、ブリーチ剤よりダメージを抑えて明るくすることは可能になります。
元々の髪色を壊さず、黒染めの成分のみを抜き取るイメージです。
ただ、こちらは扱っている美容室が限られているため、希望される方は事前に確認することをオススメします。

「カラー」のおすすめサロンのまとめ記事

カラーについておすすめのサロンを特集しています。お近くのエリアの記事をぜひ確認してみてください!

カラーがおすすめの美容室まとめ

美容室をもっと好きになれるメディアBSR PRESS
フォローして新着記事をチェックする

そのほかの美容室Q&Aの記事はこちら

pageTop