• HOME
  • BSR PRESS
  • その他
  • 美容
  • ヘアカラー&ブリーチ大好き現役美容師がブリーチカラーの基本とスタイルデザインをまとめてみた

ヘアカラー&ブリーチ大好き現役美容師がブリーチカラーの基本とスタイルデザインをまとめてみた

近年外国人風カラーや、透明感カラーなどのワードがSNSなどで拡散されるようになりましたよね。そのカラーにはブリーチが必須なスタイルも多くなってきています。なんとなく悪いものなんでしょ?というイメージでよくわからないという方が多いと思います。ぜひ、こちらの記事を参考にして下さい。

そもそもブリーチって何?

髪をブリーチをしている女性イメージアップ

日本人と欧米人は元々持っているメラニンの量が異なります。

率直に言いますとブリーチとはヘアカラーではなく脱色剤なんです。
つまり、髪の毛の元々の色を抜くわけです。メラニン色素という元々の色を抜くので、金髪に髪を染めているわけではないという違いがあります。

もう少し詳しく解説していきますね。
髪の毛は生まれてきた時から色がついています。日本人ならダークブラウン、欧米人ならブロンドというように元々持っているメラニン色素によって色が違います。

メラニン色素には2種類ありまして、フェオメラニンとユーメラニンです。フェオメラニンは赤茶色~黄色の色素で、ユーメラニンは黒色~こげ茶色の色素です。

この2つのメラニンのどちらが多く髪に含まれているかでその人の元々の髪色が決まってきます。
ユーメラニンの量が多いと黒色で、少ないとこげ茶色というように、フェオメラニンが多ければブロンドというように。

ユーメラニンベースの日本人の髪質アップイメージ

メラニン色素のタイプによって、変色度合いが違ってくるのです。

日本人の多くの人はユーメラニンベースの色素の方が多いです。しかし、周りに地毛でかなり茶色い方もいませんか?
そういう方はフェオメラニンベースの色素というわけですね。

こんな話しを聞いたこと、もしくは体験したことはありませんか?
「ブリーチをしたのに思ったよりも明るくならなくてオレンジっぽくなったんだよね。」
「私は逆で抜けすぎて白っぽくなったよ!」

どちらかに心あたりありませんか?多くの日本人は前者が多いのですが。
これってどういうことかというと、どっちのメラニンが多いのかが問題なんです。

茶色のカラーチャート図。BSR PRESS編集部・松本作成

ブリーチは髪を染めているのではなく色素を抜いているのです。

メラニンを分解するに当たって、先に分解されるのがユーメラニンなんです。
なので、ブリーチの放置時間やブリーチをする回数によって、「黒→こげ茶色→茶褐色→赤褐色→オレンジ→黄色→薄黄色」と、だんだんと明るくなってくるのです。

つまり1回のブリーチでオレンジで止まってしまうのは、ユーメラニンが多く地毛が黒よりだから。
逆に薄黄色まで行く人は地毛が明るく茶色っぽくユーメラニンが薄い。またはフェオメラニンが多いと、いうわけです。

難しい単語も使いましたが、かんたんに言ってしまうとブリーチとは髪を染めて黄色にするわけではなく、メラニンを分解した結果黄色く見えてる状態にする薬剤という感じですね。

カラーとは何が違うの?

若い女性が疑問を抱いている様子

カラーは、「脱色」と「染色」を同時にしています!

先ほど書いたようにまず根本的にブリーチがカラーと違うのは染めるのではなく、脱色するということ。

では、カラーとは何か?というと、脱色と染色を同時に行うのです。なんとも有能な雰囲気があります。
もう少し詳しく話しましょう。

カラーは1剤と2剤に分かれています。1剤と2剤を混ぜることにより、髪の毛の内部に入ってブリーチ同様メラニンを脱色させます。

それと同時に髪の内部に染料を置いていきます。そうすると中で大きくなり抜けなくなった染料が発色し、メラニンを染めるという仕組みです。

髪をカラーリングした女性の横顔

ただし、メラニンを分解する力はブリーチに比べて小さいです。

そうする事で髪色を変えているわけなんです。ここで重要なのがブリーチと同様とは書きましたが、メラニンを分解する力がブリーチに比べて非常に弱いのです。

思ったような色合いが出せないのは、ユーメラニンが分解しきれず、髪の内部で発色させても黒やこげ茶に負けてしまい色が見えてこないのです!

だってそうですよね?黒い画用紙の上に青い絵の具で色付けしても鮮やかな青には見えません。

そこでブリーチが必要ということです。ユーメラニンをしっかりと分解させることで、白い画用紙の状態に近づけてカラー剤本来の色が発揮される土台を作るのがブリーチ最大の役割というわけです。

どんな色ができるの?

ブリーチじゃないとできない色というのがやはりあります。例えばシルバーやグレー。緑や青、ピンクといったビビッドな発色のカラーなどですね。

最近ではユニコーンカラーというペール系のカラフルな色をたくさん使ったスタイルも人気ですが、こういったデザイン性の高いカラーはブリーチも1回抜くだけではなかなか難しいですね。

ブリーチの回数によってどんな色ができるのか参考までに挙げていきます。

1回ブリーチの場合

髪の長さはミドルレンジ。ベージュ系のブリーチをした女性の後姿

ベージュ系

ショートヘア女性がオレンジ系の色にブリーチした様子

オレンジ系

ウェーブヘアでダークグレー系のブリーチをした女性の後姿

ダークグレー系

ブリーチ1回だと「ベージュ系」「オレンジ系」の色か、もしくは濃い色であれば「グレー系」も染まる可能性はありますね。

2回ブリーチの場合

シルバー系のブリーチを施したイケメン男性の斜め後ろ姿

シルバー系

ロングヘアでウェーブが掛かった髪をミルクティーベージュ系にブリーチした様子

ミルクティーベージュ系

ロングヘアでウェーブが掛かった髪をピンク系にブリーチした様子

ピンク系

2回ブリーチだと1回ブリーチよりも、もう少し透け感のあるカラーが可能になります。
「シルバー系」「ミルクティーベージュ系」「ピンク系」なんかも染めやすくなりますね。

ブリーチ3回以上の場合

髪をブリーチでペール系カラーにしたセクシーな女性

ペール系カラー

ビビット系カラーの髪色の首から上のマネキン

ビビッド系カラー

ブリーチで美しいホワイト系カラーにした女性の後姿

ホワイト系カラー

3回以上で「ペール系のカラー」や「ビビッド系のカラー」「ホワイト系」などが可能域になってきます。ここまでくるとダメージの蓄積が心配になってきますが、近年薬剤は飛躍的な進化を遂げています。

ダメージが心配

ブリーチをするにあたって避けては通れないのがダメージです。では、皆さんはブリーチをするとどんなダメージになると想像しているでしょうか。

「指通りが悪くなる」「髪が切れる」「パサついてまとまらない」などが挙げられるでしょうか。それらのダメージはブリーチだけの原因ではないのです。ブリーチはあくまでダメージのキッカケにしか過ぎないのです。ブリーチをしているスタイルの画像をご覧ください。

髪がプリン状になっているバサバサした髪のアップ

ブリーチ4回

シルバーゴールド色したロングヘアの女性の後姿

ブリーチ3回(毛先は黒染め履歴有りで少し暗め)

オレンジゴールド色したロングヘアの女性の後姿

ブリーチ2回毛先3回

どうですか?こちら全てアイロンなどはしておらずドライヤーで乾かした状態です。
3枚目に関してはトリートメントもしておりません。

ブリーチ=ダメージではなくなってきてるのです。例えば今はケアブリーチという、髪の毛を補強しながら明るくするブリーチもあります。

ダメージがゼロではありませんがかなり軽減できます。あとはきちんとしたダメージ処理やブリーチの施術をすれば、強いダメージは避けられるわけなんです。

この部分は美容師任せになるので、きちんとブリーチに対して知識のある美容師選びが必要になってきます。

インスタやSNSでスタイルをあげてる美容師に頼るのも良し、ベストサロンレポートでもカラーが得意な美容室の特集があるのでそこから探しても良いですし、ブリーチカラーに関しては特に美容師や美容室をしっかり選ぶ事をオススメ致します。

色持ちも悪いでしょ!?

色落ちしてしまった女性の髪のアップイメージ

色が抜けやすいのは確かですが、工夫次第で出来るだけ長持ちさせることもできます。

こういった意見やイメージも、ブリーチカラーに関してはやはりありますよね。

まず最初にはっきり言ってしまうと、色持ちはあまり良くありません。というか、通常のカラーだけしかしていない状態よりは早く色が落ちる、という感じですね。

美容師としての工夫はたくさんあると思いますが、わかりやすいもので言うと「色の配合の仕方」や「前処理、中間処理、後処理」という土台作りとアフターケアですね。

配合に関しては各美容師によってやり方は様々で答えはありませんが例えばで言うと、ブラウン系の色を少し混ぜるとその人の本来の色に寄るため、色の定着が良くなるとか。

バイオレットやピンクを混ぜて黄色っぽく抜けないようにするとか。

染めたては少し濃いめに作り、少し抜けてからがピークになるように濃い仕上がりにしたり。

処理剤に関しては、「ブリーチをする前」「ブリーチを流す際」「カラーをする前」「カラーを流す際」「最後のシャンプーした後」とかですかね。

各工程に移る前に次の工程が最大限に発揮できる土台作りをすることがとても大切になります。トリートメントだけではないのです。

自宅でのヘアケア5つのポイント

では、ブリーチをした髪で色持ちを良くするためにあなたができる工夫やケアの仕方は何でしょうか?
ポイントは5つです。

ポイント1:しっかりドライヤーで乾かす

髪をドライヤーで乾かす女性の横顔

髪を乾かし、開いたキューティクルを閉めることが大切です。

これはかなり大切です。濡れた状態というのはキューティクルが開いてしまっている状態なのです。キューティクルが開いている状態だと、毛髪内部に入った染料が抜けやすくなってしまいます。

なのですぐに乾かしてキューティクルを閉めてあげましょう。乾かす前には流さないトリートメントを付けてから乾かすとなお良いです。

全体的に乾いたら、ドライヤーに冷風機能が付いてる場合は冷風で全体に風を当てて仕上げると、よりしっかりキューティクルが整いツヤやサラサラ感がアップします。

ポイント2:サロン専用シャンプーとトリートメントを使う

美容室でのみ使用できるシャンプーとトリートメント

髪色を長持ちさせるには、強すぎる洗浄力のシャンプーは禁物です。

とくに重要なのがシャンプーですね。市販シャンプーとサロン専用シャンプーの大きな違いは洗浄力にあります。

市販のシャンプーの特徴は泡立ちが良く香り豊かなところとコストパフォーマンスが良いというところです。しかしこの泡立ちの良さがカラーの持ちに関しては仇(あだ)となります。

泡立ちを良くするために洗浄力が強く作られているため、毛髪内部に入れた染料が早く抜けてしまうのです。特に染料が小さいアッシュ系などの色はとても早く抜けてしまいます。

サロン専用シャンプーの場合多くは、カラーやパーマをしているであろうことを想定して作られているので、洗浄力を抑えてあります。なので、髪や頭皮に必要な油分をしっかり残してくれるので痒みが出にくかったり、毛先がパサつきにくくなっています。

かといって、汚れが落ちないわけではないので安心して下さい。汚れが落ちないというよりは、泡立てにくく感じることはあるかもしれません。

ポイント3:ムラサキシャンプーなどのカラー用シャンプーを時々使う

BSR PRESS編集部・松本愛用のムラサキシャンプーのアップ

BSR PRESS編集部・松本愛用のムラサキシャンプー、シュワルツコフのグッバイイエロー。

アッシュシャンプーやグレーシャンプー、またシルバーシャンプーなどのシャンプーは、カラーしてる方専用のシャンプーで色を薄くですが補給してくれます。ピンクシャンプーなんかもあり、そちらはピンク系やレッド系にした時に使えます。

ムラサキシャンプーはムラサキにした時に使用する、ということだけでなく、黄色味を取ってくれる効果があります。

これは日本伝統の布を染める技術でもあるのですが、紫という色が黄色に対する補色であるためです。補色というのは、色を円に並べた時その反対になる色を指します。例えばオレンジの反対は青、赤の反対は緑というように。

ムラサキシャンプーはこの補色効果を利用し、色が抜けて抜いたブリーチの色に戻ってしまった時に嫌な黄色味を取ってくれるのです。ブリーチした色は放っておくとオレンジっぽくなるのですが、ムラサキシャンプーを繰り返し使っていると白っぽい黄色を保ってくれます。

輝くゴールド色したショートヘア男性の後姿

ムラサキシャンプー使用前

色のトーンを落としたゴールド色したショートヘア男性の後姿

ムラサキシャンプー使用後

このように少しの差ですが、やるとやらないのでは全然違ってきます。

使い方は3日に1回くらいのペースで。スタイリング剤などが付いている場合は、軽く通常のシャンプーで予洗いしてからムラサキシャンプーを使うと良いです。その後、全体に泡立ててなじませたら3分〜5分時間を置いてから流すだけです。

ポイント4:お風呂に入る際はぬるま湯で流す

バスタイムに丁寧に髪を流す女性の後姿

キューティクルは、熱によっても開いてしまいます。ぬるま湯がベストです!

カラーは熱にとても弱いので、髪を洗う際はなるべくぬるま湯で流すのをオススメします。

髪の毛は熱によってキューティクルが開いてしまうのでシャワーの熱やアイロンやドライヤーの熱をなるべく与えないようにして下さい。開いてしまうと髪の内部に入れたカラーが抜けやすい状態になってしまうので、できれば38℃くらいがちょうど良いと思います。

これは、カラーだけでなくパーマやトリートメントでも言えることなので日頃から気をつけてあげると良いですね。ぬるいと感じる方は頭を洗う時はぬるま湯、体を洗う時はは熱めのお湯と分けると良いと思います。

ストレートの場合は120℃〜140℃で、カールにしたい場合は140℃〜160℃位で充分ですね。なので、コテやストレートアイロンは温度が変えられるものを使うようにしましょう。
ちなみに180℃以上になるとアイロンを入れた瞬間に変色する可能性が高いです。時間とお金をかけた理想のカラーも一瞬で終わってしまうので気をつけて下さいね。

ポイント5:トリートメントをする

トリートメントを丁寧に髪に浸透させている女性の後ろ姿

トリートメントの役目は、髪のコーティング。流さないタイプがおすすめです!

とても基本的なことですが、やはり基本が大事ということですね。これはカラー当日のサロントリートメントもそうですし、ホームケアでのトリートメントもやはりした方が良いですね。

トリートメントの主な効果はコーティングです。キューティクルを覆うようにコーティングしてくれるトリートメントは、髪の内部に入ったカラーも流出しないよう働きかけてくれるので、色持ちにももちろん効果的です。

大きく分けてトリートメントは、お風呂場で使う流すタイプと、ドライヤーで乾かす前と後に使う流さないトリートメントタイプがあります。

もちろん両方やれれば完璧ですが、個人的なオススメとしては上記でも少し書きましたが、特に流さないトリートメントをしっかりつけて頂くと良いと思います。理由としては単純にコーティング力が高いものが多いのと、カラーの大敵である熱から守ってくれやすいからですね。

男性やショートスタイルの方でもダメージなんて気にしてないし!ということではなく、カラーをより長く楽しむための方法として是非トライしてみて下さい。

ブリーチでしかできないカラースタイル

ブリーチにはそれなりのデメリットが確かにあります。それでも魅力的でやってみたいと思うのは、やはりブリーチでしかできないカラーのスタイルや色合いがあるからですよね。

SNSや雑誌などで、この色かわいい!と思ったら、「ブリーチ使用」と書いてあることが多いのではないでしょうか?ブリーチならでは、ブリーチだからこそ映えるスタイルをご紹介していきます。

グラデーションカラー

その名の通り根元から毛先にかけてグラデーションの色合いになるように染めていくスタイルです。やろうと思えばブリーチなしでもできますが、コントラストが弱くナチュラルな仕上りになるためわかりにくいです。

やはり、はっきりとわかるように、そしてよりグラデーションのコントラストをつける場合はブリーチ必須になってきます。

シルバー色のグラデーションカラーロングヘアの女性の髪が光り輝く様子真後ろから

コントラストをしっかり出していくには、ブリーチがベストです。

シルバー色のグラデーションカラーロングヘアの女性の髪が光り輝く様子斜め後ろから

仕上がりも、ナチュラルになります。

また、同じようなデザインでバレイヤージュというのがあります。ここ数年でなんとなく聞いたことがある方も増えているのではないでしょうか。
まず見てみましょう。

バレイヤージュ

シルバー色の髪色ウェーブヘアの女性真後ろから

明暗の境目がナチュラルですよね!

シルバー色の髪色ウェーブヘアの女性斜め後ろから

美容師さんと入念に打ち合わせをして、施術内容を決めましょう。

はい。同じじゃない?って思いますよね。まあ確かに似てます。
バレイヤージュとは、暗い部分の色と明るい部分の色の境目のラインがパツっと出ないようにする技法の名称です。

特徴としてはハイライトとグラデーションを足したような仕上りになります。なので、美容師自身もグラデーションとごっちゃになっている場合が多かったりします。

こういったデザイン系のカラーほど名称だけでオーダーするのは危険なので、やりたい色やデザインのイメージが近い画像などを見せると良いと思います。

ハイライト

細めのハイライトの入ったショートレンジスタイル外巻カールの女性のイメージ

細めのハイライトです。

太めのハイライトの入ったロングウェーブヘア女性のイメージ

こちらは太めに入れたハイライト。

そしてこちらがハイライトのデザインですね。こうなると違いが出てきますよね。
ハイライトはブリーチを使う面積が少ないので比較的チャレンジしやすいデザインですね。

上の画像のように細め太めはもちろんのこと、どれくらい目立たせるのか、ベースになじませるのか、ということも調節可能なデザインです。

インナーカラー

インナーカラーでお洒落を演出する女性斜め後ろから

ショートレンジでのインナーカラー

インナーカラーに赤系の入れたロングヘア女性の振り向き様

ミドルレンジでのインナーカラー

そしてインナーカラーですね。こちらもデザイン的にはチャレンジしやすいと思います。

普通に下ろしてる時はあまり見えないけど、耳にかけた時、巻いたりして動きが出た時などにチラッと見える色合いがとてもかわいいスタイルですね。

どれくらい見せるのか、または見せないのかというところは好みやライフスタイルによって変わってくるので美容師と相談しながら決めると良いでしょう。

ブリーチでしか出せない色合い

最後は全体的にブリーチをすることで出せる色合いをずらっと見ていきましょう。

ミルクティーベージュ

ミルクティーベージュ色の女性を左右が見えるようにした様子

ショートとの組み合わせも、素敵ですよね!

ホワイトグレー

全体的にブリーチしグレー系で仕上げたウェーブヘアの女性後ろ姿

仕上がり感に、まとまりが生まれます。

オレンジグラデーションカラー

オレンジ系で全体を仕上げたロングウェーブヘアの女性後ろ姿

根元から毛先まで、トータルコーディネート。

グレージュ

シルバー系で全体をバランスしハイライトを入れた可愛らしいボブスタイル女性

ブリーチだからこその、色合いとなじみ感。

パステル系グラデーションカラー

パステル系のカラーで彩り豊かなロングウェーブヘア女性の後姿

こんな風に、想いのままに髪色を楽しめます!

おわりに

いかがですか?ブリーチでしかできないスタイル、できない色合というのはやはりあって、しっかりとした技術や知識があればブリーチカラーは怖くないのです。こういった特殊技術を擁するスタイルは事前にサロンや美容師の下調べが肝心になってきます。

そして途中でも書きましたが、ベストサロンレポートでもそんなカラーが得意な美容室を掲載しております!各エリアごとにカラーが得意な美容室という記事もまとめていますので、ぜひご活用下さいね!最後まで読んで頂きありがとうございました!

「カラー、外国人風カラー・デザインカラー」のおすすめサロンのまとめ記事

カラー、外国人風カラー・デザインカラーについておすすめのサロンを特集しています。お近くのエリアの記事をぜひ確認してみてください!

カラーがおすすめの美容室まとめ

外国人風カラー・デザインカラーがおすすめの美容室まとめ

美容室をもっと好きになれるメディアBSR PRESS
フォローして新着記事をチェックする

そのほかの美容のその他カテゴリーの記事はこちら

美容のその他カテゴリーの記事一覧へ
pageTop