銀座の縮毛矯正が上手い美容室を美容レポーターが厳選紹介!

髪の毛のがんこなクセやうねりの救世主といえば、縮毛矯正。なくては生きていけない!というレベルにくり返し施術をしている方もいるのではないでしょうか。しかし、縮毛矯正はサロンごとの実力によって仕上がりに大きく差が出る技術でもあります。薬剤やアイロンの設定を間違えてチリチリにされてしまった…そんな悲しい思いをしないために、銀座で縮毛矯正が上手い美容室を集めてみました!ぜひ美容室選びの参考にしてみてくださいね。※価格は2019年4月現在のものです。税やサービスなどお店によって含まれるものが違うので、あくまで参考程度にしてください。

銀座で縮毛矯正が得意な美容室を探そう!

straight-アンテレのヘアスタイル

「違和感ないストレート感」を出してくれるサロンさんをご案内します!(写真は、アンテレのヘアスタイルより)

美容室 7inch(ナナインチ)

straight-ナナインチのヘアスタイル

口コミで広がった人気!オーナーが徹底して薬剤を選び抜き丁寧に仕上げます。

体験した方の多くがその仕上がりの良さに驚くという7inchさんの縮毛矯正。その理由は、とことんまで選び抜いた薬剤にあります。オーナーであるRYUさんは薬剤に関して豊富な知識をお持ちで、成分までチェックして最も良いものを導入。見立て通り、髪が柔らかくツヤ感がたっぷり出る仕上がりが口コミで伝わり人気を集めています。

straight-ナナインチの店内

いかに「お客様が望むイメージ」に近づけるかを大切にしていて、部分矯正も積極的におすすめしてくれます!

インタビューで非常に良心的だなと思ったのが、「前髪だけ」「表面だけ」など部分的な縮毛矯正を勧める場合も多いということ。全体にかけなくてもじゅうぶんストレート感が表現できる場合は積極的に部分施術をオススメしているそうです。部分縮毛矯正で済めば価格もリーズナブルにまとまりますね。

もう1つ7inchさんでこだわっているのが、お客様のデータをしっかり電子カルテで記録しているということ。何と2000年頃から紙ではなくデータでカルテ管理をされているそうで、それも驚きなのですが、使った薬剤や薬剤を置く時間、温度設定といった重要な数字を必ずデータ化し、次回以降「前回はこうだったから時間を2分足して…」という風にデータを参考に施術内容を組み立てるのだそうです。
徹底した理論・技術・経験が生み出す7inchさんの縮毛矯正なら、くせに悩む方も納得できるはず。強すぎる縮毛矯正で傷ませる前に駆け込んで頂きたい美容室です。

    

店舗詳細ページ こちら
縮毛矯正価格 ¥12,000〜

美容室 bloom sweet(ブルームスイート)

straight-ブルームスイートのヘアスタイル

高分子素材で髪をコーティングすることで、美しいストレートになります!

bloom sweetさんでは縮毛矯正の際、通常はアルカリ性の薬剤を使用するところ、よりダメージの少ない中性の薬剤を使用しています。更には髪の毛をポリマーでコーティングしてからアイロン工程に入るので、過度なダメージが加わらず、毛先まで滑らかで美しいストレートが実現、しかも持続します。(ポリマーというと車の?!というイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、髪に使用できる性質のものなのでご安心下さい。)

straight-ブルームスイートの店内

ナチュラルなストレートと毛先パーマも人気です!

一般的には縮毛矯正というとそれだけで強いダメージがかかってしまうことが多いのですが、bloom sweetさんでならヘアカラーや白髪染めをした後でも綺麗にくせが伸び、更には縮毛矯正をかけながら毛先にデジタルパーマを加える「ストデジ」にも対応。

これまで他メニューと縮毛矯正の組み合わせで断られてしまった方や、縮毛矯正のダメージが強すぎて修復不可能なほど傷んでしまった方もぜひbloom sweetさんでご相談してみて下さいね。

    

店舗詳細ページ こちら
縮毛矯正価格 ¥20,000~

美容室 ANTERET(アンテレ)

straight-アンテレのヘアスタイル

ヒアルロン酸とオーガニックオイルが配合された「コスメ系」薬剤も嬉しいですね!

縮毛矯正では、通常の薬剤よりもダメージが軽減された「コスメ系」と言われる薬剤をメインで使用しているアンテレさん。ヒアルロン酸とオーガニックオイルが配合されており、くせをしっかり伸ばしつつも潤いをキープしてくれます。

そして、施術前後には「インナートリートメント」と呼ばれる、薬剤施術を行う時のための専用トリートメントを必ず使用。髪に栄養を与えて補強してくれるので、一般的にダメージが起きがちな縮毛矯正でもさらツヤの手触りに仕上がります。

straight-アンテレの店内

髪全体に矯正をするのではなく、気になる「ポイント」だけでも、施術可です!

アンテレさんでは、全体の縮毛矯正だけでなくポイントのみの縮毛矯正を希望される方が多いのも特徴です。髪の生え際だけ、ハチ部分だけ…などなど、気になる部分のくせだけを抑えることができるので、扱いやすいのはもちろん、思い描いたシルエットにも近づきやすくなりますよ!

いずれも元々ストレートヘアだったかのようなナチュラルな質感が魅力なので、ぜひお試し頂きたいです。

    

店舗詳細ページ こちら
縮毛矯正価格 ¥14,300

美容室 BRIGHT (ブライト)

バックスタイルのロングヘアの女性の写真

-5歳はお手の物!BR式縮毛矯正で天使の輪が復活!

多数のメディアに取り上げられ、話題沸騰中のBRIGHTの人気メニュー「BR式縮毛矯正」。施術ではダメージを最小限にできるようお客様1人1人に合わせて薬を調合し、そのうえ髪の断面を潰さず髪の形状を丸いままストレートにするという技術を実践しています。
そのため、「BR式縮毛矯正」なら髪のダメージが少なく、まっすぐすぎず、頭には「天使の輪」ができる!と大好評。

しかも、縮毛矯正の後にデジタルパーマを重ねることができるので、根本はまっすぐ、毛先はキレイなカールといったスタイルも可能に。
「縮毛矯正をかけたらパーマができなくなる」という業界のルールを覆したBRIGHTの凄技のBR式縮毛矯正は必見です!

ロングパーマヘアの女性の写真

実績1万人以上、メディアにも取り上げられる縮毛矯正×デジタルパーマを体験してみませんか?

「くせは抑えたいけどまっすぐは嫌… 」「パーマはかけたいけど髪が広がるのはなぁ… 」といったお悩みのある方もいると思いますが、BRIGHTのリピーターさんには「BR式デジタルパーマ縮毛矯正」でこれらを解決できた!という方がたくさんいます。
くせのゴワつきや広がりを抑えてまとまりを良くしながらカールを入れるので、ツヤ感はもちろんのこと、乾かす時間が短時間になるうえ、さらに乾かすだけでカールスタイルが再現できてしまいます。
持ちも5ヶ月〜6ヶ月と非常に長いので、その間は簡単なメンテナンスをするだけでお気に入りのツヤツヤカールスタイルをキープできますよ。

すでに1万人以上が体験したという、BRIGHTの看板メニューの「BR式縮毛矯正」と「BR式デジタルパーマ縮毛矯正」という合わせ技で美髪&若見えを手に入れましょう!

    

店舗詳細ページ こちら
縮毛矯正価格 ¥12,000~
デジタルパーマ縮毛矯正価格 ¥18,000~

美容室 PLAISIRS(プレジール)

straight-プレジールのヘアスタイル

化粧品登録の薬剤で、自然なストレート感を大切にして仕上げてくれます。

プレジールの縮毛矯正で主に使用するのは、一般的な医薬部外品ではなく、化粧品として登録された優しい「コスメカール」という薬剤。全ての髪をピシッとまっすぐにするわけではないので、柔らかく自然な仕上がりになると好評を集めています。(状態によっては医薬部外品の薬剤を使用することもありますが、その場合も不自然なストレートにならないよう配慮してくれます。)

straight-プレジールの店内

水分を出来る限り逃がさずに伸ばしていくアイロン(プラチナコート加工)も使用します。

また、熱をかけるアイロンにもこだわっていて、水分が逃げるのを防ぐプラチナコート加工が施されたものを使用しています。ただ熱を加え伸ばすための道具としてアイロンを使用するのではなく、髪のコンディションに配慮しながらまっすぐにするため仕上がりがかたくなりません。

くせが強い場合は上記のような縮毛矯正メニューを勧めるプレジールですが、中には「くせ毛コントロールトリートメント」という、熱処理を行わないトリートメントメニューでくせがおさまってしまう場合もあるそうです。こちらは大部分がトリートメントでできていますが、2%だけストレートの薬剤が入っているというもの。

アイロンを使用しないため髪の毛への負荷も少なく、縮毛矯正よりも更に自然で、なおかつトリートメントをかけた部分と伸びてきた部分の差が目立たないというメリットもあります。ただ、くせの強さによってはカバーしきれない場合もあるので、迷う方は施術前にご相談してみるのがオススメです。

    

店舗詳細ページ こちら
縮毛矯正価格 ¥21,600(カット込み)

おわりに

人気の美容室とその取り組みを紹介してきましたが、気になる一軒は見つかりましたか?ベストサロンレポートではこれ以外にも様々なジャンルのおすすめ美容室をご紹介しています。ぜひ、通える距離のあなたにピッタリな美容室を見つけてくださいね。

美容室をもっと好きになれるメディアBSR PRESS
フォローして新着記事をチェックする
pageTop