• HOME
  • 美容用語集

いうえお

アウトライン

ヘアスタイルの輪郭。スタイル全体が描くシルエットのこと。

アシンメトリー

左右のバランスを均等にしない、非対称のスタイル。例えば、右は長さを残して、左だけ短くしたり、カラーを左右で変えるスタイルなど。

アッシュ

カラーリングの人気の色味の一つで光によって見た目が変わる。灰色がかったくすんだ色味で、他の様々な色と掛け合わせることによって、多彩なニュアンスを表現できる。

アップ系スタイル

髪を編んだり結うことで上にまとめ上げたスタイル。                    対義語)ダウンスタイル

編み込み

地肌にそうように三つ編みなど髪を編んでデザインを創るスタイル。また、エクステをつけるときのオーソドックスなつけ方。毛束を少しとり、エクステの毛と三つ編みか四つ編みで編んでいく。

アミノ酸

髪の毛の主成分のこと。

アルカリ性カラー

髪の中にある黒いメラニン色素を分解し、色を抜きながら色味を入れていくヘアカラー剤。一般にブリーチ剤が入っていることが多く、色持ちが2~3ヵ月前後と長いのが特徴。

ウィービング

カラーリングの際に、髪を細い毛束でとり、その部分だけをすじ状にカラーリングする技法。スタイルに立体感や毛の動きをもたせたり、アクセントで目立つ色を入れることもできる。

ウイッグ

つけ毛のこと。髪全体を覆い思いきったスタイルチェンジを楽しめるものから、前髪だけのものまで種類は幅広い。髪形に制限がある職業などの場合、休日だけ違うスタイルを楽しむことも可能にさせる。

ウェーブ

パーマなどで動きをもたせた、波打つような曲線を活かした髪形。

ウエットカット

髪が濡れた状態でカットする技法。長さ、アウトライン、シルエットの調整に向いている、

ウォーム系

カラーリングで赤みのある暖色系の色味のこと。

ウルフカット

襟足の長い、毛先をそいだスタイルのこと。毛束感や毛流れでポイントを創ることが多いスタイル。

Aライン

アルファベットのAのようにすそが広がったスタイルのこと。

エアウェーブ

温度と水分量をコントロールしてかけていく形状記憶パーマの1つ。仕上がりの手触りの良さと、エアリーなニュアンスが特徴。

エクステンション

人毛やナイロン製のつけ毛のこと。プラスチック製のチップを超音波でつけるタイプと、地毛と編み込んで固定するタイプがある。

エフェクトカット

髪が乾いた状態で、スタイルを微調整する時に使用する技法。少しずつとって持ち上げた髪をおとしながら切っていく。長さをランダムにして、立体感を引き出すことができる。

エフパーマ

別名、フィルムパーマ。指で作ったカールを特殊フィルムで包みこみ、低温アイロンでかける画期的なパーマ。

オーガニック

有機栽培の植物を原料とした製品。有機栽培と認められるにはただ農薬を使わないだけでなく、植物原料を育てる土壌などにも細かい条件が設けられている。そのため、肌や髪に低刺激で、アレルギーの人でも安心して使用できるものが多い。

オージュア

日本女性の髪を美しくするために研究・開発されたトリートメントのこと。国内のメーカーが長年の研究で開発しているため、サロンからの信頼も高いトリートメント。

きくけこ

カーラー

髪を巻いてカールしたクセをつけるときに使う道具。様々な形があり、熱をかけて使うホットカーラーなどもある。

カウンセリング

施術前のスタイリストとの話し合い。どんな風に施術を進めるか、日頃の髪に関する悩みなどを伝えることで、より扱いやすく、理想に近いデザインにするためにおこなう。上質なスタイルを提供してくれる美容室こそ、しっかりカウンセリングには力を入れている。

カッパー系

明るめのブラウンオレンジの色味のカラーリング。直訳すると「銅」という意味。

カリテバター

シアバターのこと。

草木染め

植物から抽出した天然成分で色をつけるカラーリング。髪への負担が少ないものが多く、深い色合いが特徴。

キューティクル

髪の1番外側、うろこのように重なった表皮部分のこと。髪の手触りに直接関係している。また、髪内部の栄養分が流れないようにコーティングする役目がある。キューティクルが傷むと広がって剥がれてきて、中の栄養分が流れていくため、髪の色味が抜けたり、手触りが悪くなる。

グラデーションカット

ボリュームをだしたり、すそ部分に丸みをつけるために使われる技法。髪に細かい段差をつけて、滑らかにつなげる、層状にしていくカット法。

グラデーションカラー

髪の根元から毛先に向かって自然に色味を変えていくカラーリングの技法。薬剤の配合・放置時間を変えることで、徐々に色のトーンを変えていく。

グラデーションボブ

グラデーションボブとは毛先に細かい段(グラデーション)が入ったボブのこと。丸いシルエットになる。

クリームバス

インドネシアの伝統的な頭皮マッサージ。ハーブやフルーツなど植物性の天然成分のクリームを髪質や頭皮の状態に合わせて選び、頭皮から首・肩までマッサージしてリラックスさせていく。毛穴の汚れを除去し、血行を促して頭皮環境の改善、髪を艶やかな手触りにしていく。

クリープパーマ

なるべく少量の薬剤で髪の負担を減らして、最大限のウェーブ効果を引き出す施術。

ケイ素

コラーゲンのはたらきを助ける成分のことで、不足すると抜け毛や髪が細くなる。

ケミカル

ケミカルとは科学的に合成されたもののことで、主に薬剤などを原料で分けたときに使用される言葉。対義的に使われるのがオーガニックで、植物など天然由来の成分で作られた薬剤のことを指すときに使用される。

ケラスターゼ

健康な頭皮から健康な髪は生まれるという概念のもと、肌と同じように髪を扱うフランスのパリで生まれたブランドのこと。取り扱うには資格が必要。

ケラチンパーマ

ケラチンとは髪の主成分のたんぱく質のこと。パーマ液でダメージを受けた髪に、減少したケラチンを補いながらかけるパーマ。

コーンロウ

頭皮に密着するように編み込んで創るスタイルのこと。B系のテイストが強く、ワイルドな印象が特徴的。だいたい1ヵ月くらいはスタイルを維持できるが、その間編み込み部分の地肌が洗いずらいため、専用のシャンプーがある。

コスメパーマ

化粧品登録の髪と地肌に低刺激な薬剤を使用したパーマ。パーマとカラーを同時にできることが多く、柔らかい質感が特徴のパーマ。

コテ

アイロンとも呼ばれる。熱して使用し、その熱でカールを作り巻き髪などのスタイルを創っていく。棒状の本体に髪を巻きつけて使う細長い電気製品。

コテパーマ

コテ(アイロン)を使用するパーマ。内巻きや外はねなど、実際のスタイリングに近いイメージでパーマをかけられ、柔らかな質感に仕上がる。熱ダメージがデジタルパーマに比べると少なくすむ。

コラーゲン

細い髪や薄毛に効果があると注目されている。

コンディション

状態、調子のこと。地肌のコンディションとは、地肌の状態のこと。

しすせそ

再現性

美容室で綺麗なスタイルにしてもらった髪形を自宅に戻ってからもできるかどうかのこと。再現性が高いとは、美容室でセットしてもらったように、自宅で自分の手でも簡単にできるスタイルのこと。

逆毛

ヘアアレンジの際に、コームで毛先から根元に向かってとかすことでボリュームをだす技法。

酸性カラー

ブリーチせずに髪の表面に色素を入れていく。ヘアマニキュアに多い。色も鮮やかで髪にダメージを与えにくいが、色持ちはあまり長くない。

シアバター

シアの木の実からとれる保湿成分。植物由来のため安全性が高く、保湿効果も高いため注目されている。

CMC

髪に含まれる脂質のこと。美容室で使用するような薬剤はこのCMCを通って毛髪に浸透し、また、必要以上に浸透しすぎないように調節する機能もある。髪のキューティクルのコーティングや、細胞同士を接着して髪に柔軟性を保ち、髪に適正な水分量を保つはたらきもある。

シリコン

鉱物性のオイルのことで、キューティクルや枝毛などもコーティングして手触りを良くするはたらきがある。健康な髪ほどコーティングする力を発揮するため、健康な髪で使用しすぎるとカラー・パーマ・トリートメントの薬剤が浸透しずらくなることもある。

シャギーカット

毛先をすきばさみなどで、あえてランダムな長さにカットすることでスタイルに軽さと動きをつけていく技法。ラフな印象を引き出せ、毛量を調節してスタイリングがしやすくなる。

縮毛矯正

髪のクセをヘアアイロンの熱や薬剤を使用して真っ直ぐに伸ばす技法。頑固なクセも真っ直ぐなストレートヘアにできる。サロンごとに技法がことなるが、強い薬剤を使用するので、サロンによっては髪を傷めてしまうことがある。そのため、縮毛矯正をおこなうときは、知識と技術力のきちんとしたサロンを選ぶことが大切になる。

処理剤

カラーやパーマ、縮毛矯正の際に髪のダメージを最大限に抑えるための薬剤。施術前、施術中、施術後に使うものがある。施術前・中は薬剤が十分効果を発揮できるように髪の状態を整えたり、手触りがよくなるようにする目的のものが多い。施術後は髪の状態を健やかな素髪に近づける働きのものが多く、アルカリ性に傾いた髪を素髪の弱酸性に近づけるものなどが代表的。

シンメトリー

左右対称のスタイル。対義語)アシンメトリー

スキャルプケア

通常のシャンプーでは落とし切れない汚れまでしっかり取り除き、マッサージと併用して血行促進して頭皮を健やかな状態にしていくメニュー。フケや頭皮のニオイ、抜け毛などが気になるときにオススメ。

スクワラン

髪の毛の発育を促進し、フケやかゆみを抑える効果があると注目されている成分。

ストレートパーマ

薬剤のみで髪のクセを真っ直ぐにするパーマ。髪のクセヤ広がり、ボリュームまで調節することができる。

ストロークカット

毛先から根元に向けて、髪の長さや量を調節するカット技法。ボリュームや髪の軽さを調節できる。

スパ

ヘッドスパの略。

スパイラルパーマ

ロッドで巻くときに、髪をずらしながら巻きこんでコイル状にかけていくパーマ。毛先と根元が重ならず、均等な大きさのらせん状のカールをつけていき、巻くロッドの大きさによって、様々なニュアンスを引き出すことができる。

スライドカット

シャギーカットの1つで、髪の中間から毛先に向かい、そぐように髪の表面を削るカット方法。

3Dカラ―

感覚をあけて、髪をすじ状にとり、全体とは違う色をのせてカラーリングすることで、スタイルに立体感や軽さをだす方法。

セニングカット

凸凹のついたすきバサミを使用するカット方法。毛先にランダム感をだしたり、毛量を調節するときに使用する方法。

ソフトモヒカン

ツーブロックの一種で、トップの髪を長く、両サイドを短くして髪を立たせたスタイル。

ちつてと

ダウンスタイル

髪をまとめずにそのまま下ろしたスタイルのこと。             対義語)アップスタイル

炭酸泉

炭酸が溶け込んだお湯で、様々な美容効果が注目されている。美容室では洗髪やヘッドスパに使用される。シャンプーでは落とし切れない皮脂や、髪に付着したシリコンやワックスの成分も落としてくれ高い洗浄効果があるとされる。さらに頭皮の血行を促進したり、髪に残ったアルカリを除去して、素髪に近い弱酸性の状態に近づけてくれるなどの効果から髪が綺麗になったり、パーマやカラーの持ちがよくなると言われている。

チップ

超音波エクステの毛の先についたアルミやプラスチックなどのリング。超音波で地毛に固定するため、取り付け時間が短いのが特徴。

超音波

地毛にエクステをつけるときの手法の1つで、主に超音波エクステと呼ばれる。髪の主成分と同じケラチンを超音波で溶かして接着する。髪の違和感・傷みも少なく、触り心地も自然な仕上がりになる。

チョップカット

毛先に対して縦にハサミを入れることで、不規則なギザギザのラインでラフ感と動きをだしていく。毛量調整に用いる。

ツイストパーマ

髪をねじってロッドやピンで留めながらかけるパーマ。ねじり具合でボリュームやカールのニュアンスを調節していく。

低温ストレート

髪に負担の少ない温度で、凸凹構造のアイロンを使用して、髪1本1本のねじれをとってストレートにするアイロン縮毛矯正のこと。低温でも充分に矯正力を発揮する薬剤で、素髪の質感を保ってストレートにしていく。その柔らかな質感、ツヤ感やサラサラ感が特徴。

ディティール

細かい部分のこと。

デジタルパーマ

形状記憶パーマのこと。専用のロッドに直接熱を加えてパーマをかけ、比較的低温で細かい温度調整をしながらパーマをかけていく。仕上がりが軽い質感で、短めの髪にもかけることができ、ドライだけでもカールがしっかり再現される。髪にある程度重さがある人により、むいている。

デトックス

美容室では、毒素を排出させるという意味から、髪や地肌を自然で健康な状態に近づけることを指す。

ドライカット

髪が乾いた状態でカットすること。仕上がりの全体バランスを見ながら、髪の量や本来持っているクセ・流れを見ながらカットできる。デザインにそってイメージを仕上げる段階で多く用いられる技法。

ドレッド

アフロヘアをベースに逆毛をたてて三つ編みでデザインを創っていくスタイル。ポイントに編み込みやエクステを使うことで、さらにデザインの幅を広げることができる。

トレンド

その時の流行りのこと。

にぬねの

名古屋巻き

ゴージャスなイメージのスタイルで、太い縦巻きのカールをつけたスタイルがこう呼ばれるようになった。レイヤーを入れて軽さをだして、肩下部分の髪の毛を内側に巻いているスタイルが多い。

ナノカラー、ナノパーマ

とても小さい粒の水蒸気を髪にあてると通常より浸透しやすく、その水分の通り道に薬剤を通らせることで、薬剤の浸透率を上げる施術。そのため、従来より弱い薬剤、短い時間で施術でき、髪への負担を減らすことができる。

ナノスチーム

マイナスイオンと非常に細かい水蒸気を噴出できるスチームのこと。パーマやカラー時に用いることで、髪に不足している水分を補って浸透率を向上させ、薬剤の放置時間の短縮ができるために、髪への負担を軽減できる。

生トリートメント

生トリートメントの生は「フレッシュ」という意味の生で、施術前に薬剤を調合して使用するトリートメントのこと。施術前に調合することで、トリートメントの薬剤が反応し合って、高い補修効果を発揮する。

ニュアンス

微妙な差異、微妙な違いの意味。

猫っ毛

猫の毛のように細くて柔らかい毛のこと。コテで巻いたり、ワックスでスタイリングしてもすぐにつぶれやすい髪質の人が多い。

ひふへほ

パーソナルカラー

その人が生まれ持った肌、瞳、髪の色のこと。パーソナルカラー診断では、これらの色から、カラーリングのときにその人により似合う色を提案してくれる。パーソナルカラーを応用すると、肌の色を明るく見せることかでき、表情や雰囲気もあかぬけて見せることができる。

ハイライト

ブリーチ剤やカラー剤でベースカラーよりも髪に明るい部分を創るスタイル。デザインとして、ハイライトとローライトを配置するスタイルもある。髪に2以上の色を存在させることで、明るさの違いから髪に立体感をもたせる場合が多い。ウィービングを使用して染めることが多く、軽いイメージや躍動感を表現することを可能にさせる。

バイリアージュ

ハイライトを入れる部分をコームで毛束にとり、ハケを使用してほうきで掃くようにカラー剤を塗っていく技法。根元部分が暗く、毛先にいくにしたがって綺麗なグラデーションを表現しやすい。

ハチ

髪の位置をさす言葉で、耳の上の部分、正面から見たときに1番横にでっぱった部分のこと。

バックコーム

逆毛ともいう。空気感やボリュームをだしたいときに使用する技法。

パネル

カット・カラーをするために取り出した毛束のこと。

バング

前髪のこと。

ヒアルロン酸

人の体にある保水性をもつ成分。もちろん髪にもあり、このヒアルロン酸を髪に補うことで髪に潤いとツヤがでるといわれている。また、潤うことで、広がりがちな髪のクセもまとまりやすくなる。

ピンパーマ

ロッドを使わずに、コットンやペーパーで丸めた髪の毛束に薬剤を塗布し、ピンで固定してカールをつけていくパーマ。短い髪にもパーマをかけることができ、部分的なボリュームの調整や、毛先にランダムな動きをだすためにも用いられる。

ブラントカット

ボブやワンレングスのスタイルを創るときに、髪の毛に対して垂直に、真っ直ぐ直線的にカットする技法。

ブリーチ

髪に色素を入れて染めるのではなく、薬剤で髪の内側のメラニン色素を分解して色を抜くこと。刺激の強い薬剤を用いるため、髪や地肌にかかる負担は大きい。カラーリング前にブリーチをしてメラニン色素を抜くことで、色の明度を調節し、カラーをより鮮明にいれることができる。

フレグランス

心地よい香りのこと。

ブロックカラー

髪を頭の部分ごとにとり、カラーリングして部分ごとに色の変化をつけること。

ヘッドスパ

日頃のシャンプーでは落とし切れない、地肌の汚れや角質を取り除き、さらにマッサージやパック、トリートメントで髪を地肌から健康な状態に近づけていくケアのこと。美容室ごとにメニューの内容は違い、マッサージで深いリラクゼーションを体感できるため人気がでている。

ヘナカラー

ヘナの木から抽出した植物性の染料を使用したカラーリング方法で、髪への負担が少ない。さらにトリートメント効果もあるため、髪の質感を良くし、自然な色味で染めることができる。髪質にハリがなく比較的柔らかい髪の人向けのため、興味がある人は美容室で相談することをオススメします。

ホイルワーク

アルミホイルを使用して、カラー剤を塗り分けていく技法。ウィービングなどのホイルを使用したテクニックの総称で、主にハイライト・ローライトを入れるときに用いる。

ホットカーラー

カーラーの中でも専用ヒーターで暖めて使用するタイプのものをさし、熱の効果で素早くカールをつけることができる。

ボディパーマ

太いロッドでゆるくクセをつけたクセ毛風のパーマスタイルのこと。カットしやすくしたり、柔らかな質感やボリュームをだしてナチュラルな動きをだすことができる。別名、ニュアンスパーマ。

ボブ

肩より短いワンレングスのスタイルで、アウトラインによってさらに呼び名が分かれる。切り口をグラデーション状に重ねていれば、グラデーションボブ、レイヤーを加えて軽さをだしていれば、レイヤーボブと呼び、おかっぱもこのボブのスタイルの1つ。

みむめも

マッシュボブ

マッシュルームのようなシルエットで毛先に段をつけた軽い印象のボブのこと。

マット系カラー

カラーの色味の1つ。赤みを抑えたグリーンがかったブラウンの色味。

マルチキューティクルトリートメント

キューティクルの表面・表層・深層にはたらきかけるトリートメントのこと。

水パーマ

ナノ化された水蒸気のスチームをあてて、パーマ剤の浸透を早めることのできるパーマ。浸透率がスチームによって高まるので、弱い薬剤でもパーマをおこなうことが可能になり、髪の負担が少なくすむ。クリープパーマ、ナノパーマのこと。

ミックスパーマ

パーマのロッドの大きさや巻き方、一部にかけるなど、部分ごとに様々なパーマを組み合わせてデザインを創るパーマのこと。

ミルクウェーブ

粘性の高い薬剤を使用するパーマのこと。髪優しい成分が入っていて負担が少なく、クセ毛のまとまりがよくなったり、硬い髪質が柔らかくなり、もちっとした質感に仕上がる。

メッシュ

髪の一部分にベースカラーとは違う色を入れたスタイル。髪に動きや立体感をもたせたり、デザインのアクセントとして用いられる。

メラニン

髪の色素のことで、黒色のユーメラニンと黄赤色のフェオメラニンの2種類があり、この比率で漆黒から金色まで髪の毛の色が変わってくる。このメラニンがつくられなくなった髪が白髪で、まだ白髪には謎の部分も多い。

モイスチャー

水分、潤いのこと。

モロッカンオイル

ヘアケア用のオイルのこと。モロッカンオイルに含まれているアルガンオイルは植物由来で、保湿成分には特に注目が集まっている。ブローの熱、紫外線や海水のダメージを受けた髪もしなやかな手触りになるといわれている。

ゆよ

夜会巻き

長い髪を後頭部で左右からねじりあげてまとめたアップスタイルのこと。清楚で上品なイメージのため、高級クラブやパーティなどで人気の高いスタイル。

りるれろ

ラグジュアリー

高級品、贅沢な、という意味。美容室の雰囲気を伝える場合にもよく使用される。

リタッチ

カラーリングや白髪染めなどをおこなった髪が新しく伸びてきて、毛先と根元の色が変わってきた際に、根元から毛先まで同じ色や明るさに揃えること。

レイヤーカット

髪の上の部分を短く、下の方が長くなるように段差をつけたカット技法。レイヤーの断層が特有のスタイルを創りだし、高い位置に入れると髪全体に動きをだすことができ、低い位置につけると落ち着いた雰囲気に、毛先に入れることで軽さをだすことができる。

レイヤーボブ

レイヤーカットで段をいれたボブのこと。

レザーカット

カミソリでそぎ落とすようにカットする技法。ハサミでは表現しずらいランダムなスタイルを表現でき、同時に柔らかいニュアンスも引き出せる。

レセプショニスト

美容室の受付スタッフのことで、中には知識が豊富でカウンセリングを担当しているレセプショニストもいる。

ローライト

髪のベースより暗い色を入れて、スタイルに深みや奥行を与え、引き締まったイメージや立体感を表現できる技法のこと。

ロッド

髪にパーマをかけるときに巻く道具。様々な太さがあるので、パーマで引き出すデザインに合わせて使い分ける。

おん

ワインディング

パーマをかける際にロッドを巻いていく作業のこと。

ワックス

だいたい3種類に大別され、使い勝手がよく伸びもよい「ノーマル」タイプ、ヘアワックス特有のツヤが目立たない「マット」タイプ、髪形の維持力が高い「ハード」タイプです。さらに女性用は、パーマヘア用、ストレート用に分かれるので、やりたいスタイルに合わせて美容室で相談するのもオススメです。

ワッフルパーマ

細かく三つ編みや四つ編みを結ってかけるパーマで、波上のウェーブでボリュームをスタイルに加えることができる。

ワンレングス

見た目に段差を感じさせず、紙表面の毛先が同じ長さに見えるスタイルのこと。ワンレンと略されることも多い。

pageTop