枝毛・切れ毛の対処法は?

自分ではダメージを回復できない「死滅細胞」である髪ですが、積み重なったダメージやストレスなどで枝毛ができたり切れてしまったりすることがあります。枝毛や切れ毛ができたということは髪に負担がかかっているというサイン。一体どんな対処を行えばいいのでしょうか?

hear-trouble-毛先を見る女性

枝毛ができる原因は外的要因だけではなく、ホルモンバランスなど身体の状態にもあります。

枝毛・切れ毛は、髪の毛の外側を覆っているキューティクルがダメージによって剥がれ、内部の水分や栄養素が流出してスカスカになった髪が裂けたり切れたりした状態を指します。
外的要因だけでなく、ホルモンバランスの変化で髪が弱くなったりする場合もありますが、いずれにせよ良い状態とは言えません。

トリートメントで髪に栄養を入れると短期的には改善しますが、切れ毛・枝毛ができるまで傷んだ髪が完全に元に戻ることはないため、日常生活で髪に負担をかけないことが大切です。
枝毛の場合は切っても切り口がまた枝毛になったりすることもあるので、根本的に髪を元気にする方法を考えましょう。

枝毛を見つけたら

hear-trouble-毛先

枝毛、切れ毛は抜いたりせず、はさみで少し長めにカットしましょう。

枝毛を発見したら、ハサミで切りましょう。
ただ、枝分かれしている部分のみを切っても、周辺の髪は栄養が失われた状態のため、またすぐに枝毛化してしまいます。
枝毛部分から5cm程度離れたところを切って、健康な髪が伸びてくるのを待ちましょう。切れ毛の場合も対処は同じで、毛先から5cm程度の箇所を切ると良いでしょう。

髪を傷めないために

hear-trouble-シャンプー

シャンプーは頭皮にも直に触れ、毎日使用するもの。髪への気持ち分、少し質の高いものを選びましょう!

シャンプー時の注意

キューティクルが開く原因としてまず考えられるのがシャンプーです。
洗浄力の強いシャンプー剤(高級アルコール系シャンプー等)でゴシゴシ髪をこすり過ぎてしまうと、摩擦によって髪の表面のキューティクルにダメージを与えてしまいます。
キューティクルは濡れているときほど開いて剥がれやすくなっているので、シャンプーをよく泡立て、地肌を指の腹でマッサージするように洗ってください。

一番使用するヘアケア剤はシャンプーであるため、シャンプーを見直すことで髪の状態が改善することは多いです。
できればサロン専売品など、質の高いものを選びましょう。

hear-trouble-タオルドライ

濡れている時の髪は無防備な状態です。押さえるように優しくタオルドライを!

ドライ時の注意

タオルドライの際の髪は非常にデリケートな状態です。
この時も摩擦によるダメージを受けやすいので、ゴシゴシ髪を擦ることはせず、タオルで抑えるようにして水気を取りましょう。

ドライヤー前には熱に反応するトリートメントを髪に馴染ませ、根本から毛先に向かって、キューティクルの方向に合わせてドライヤーの風を当ててください。
乾かし終えたら、冷風を髪に当てましょう。
こうすることでキューティクルがしっかり閉じ、余計なダメージを回避することができます。

hear-trouble-ブラシ

最後は、丁寧にブラッシングをして毎日のケアを終えて下さい。

髪をとかす際の注意

コームやブラッシングは毛先の方から少しずつとかし、引っかかった時には強く引っ張らず、もつれた部分を徐々にほどくようにしましょう。

hear-trouble-カウンセリング

薬剤を使用する施術では髪は必ずダメージを受けます。不安なことがあれば美容室で遠慮なく聞きましょう。

美容室での注意点

カラー・パーマといった強い薬剤を使った施術を繰り返すことはキューティクルを傷つける原因になります。
カラーの場合、キューティクルを無理やり剥がして色を入れる作用があったり、パーマの場合も強いアルカリ成分でキューティクルが剥がれてしまうことがあるためです。
どれくらいのダメージを受けるのか、事前に担当スタイリストにしっかり相談した上で施術を受けるかどうかを決めましょう。
きちんとした美容室なら、施術のメリット・デメリットを率直に伝えてくれるはずです。

hear-trouble-加湿器

冬場は髪も乾燥に脅かされています。スタイリング剤での保湿ケアや加湿器で守ってあげて下さい!

日常生活の注意点

髪を乾燥や静電気から守るため、冬場は加湿器を使用したり、静電気の起きにくいブラシを使用するのが良いでしょう。
これらは枝毛・切れ毛を防止するだけでなく髪の健康という観点から見ても実行しておきたいものです。

「ヘアケア・髪のトラブル、白髪・年齢による悩み」のおすすめサロンのまとめ記事

ヘアケア・髪のトラブル、白髪・年齢による悩みについておすすめのサロンを特集しています。お近くのエリアの記事をぜひ確認してみてください!

ヘアケア・髪のトラブルがおすすめの美容室まとめ

白髪・年齢による悩みがおすすめの美容室まとめ

美容室をもっと好きになれるメディアBSR PRESS
フォローして新着記事をチェックする

そのほかの美容室Q&Aの記事はこちら

pageTop