縮毛矯正は髪が傷む?縮毛矯正ってどんなもの?

クセやうねりが気になる方にとって、縮毛矯正は毎朝のお手入れをラクにしてくれる画期的なメニューです。しかし、縮毛矯正をかけるとなると気になるのがダメージ。縮毛矯正によって髪にダメージはかかるのか、そもそも縮毛矯正とはどんな仕組みなのかを調べました。

hair-straightening-ストレートヘア

薬剤を使用する施術は、髪への負担なくして行えないことを覚えておきましょう。

縮毛矯正はくせのあるウェーブも真っ直ぐにできる、ストレートメニューの一つです。
きれいなストレートヘアになる人気のメニューですが、どんなに上手い美容室でもダメージが発生してしまうメニューでもあります。
髪に栄養成分を補給する成分が入っているか、担当者が薬剤について正しい知識を持っているかどうかでも大きく差が出ることがあります。

信頼できる美容室・美容師さんのカウンセリングを受けましょう

hair-straightening-スタイリスト

強い薬剤での施術になります。知識のあるスタイリストの方にお願いしましょう。

縮毛矯正は、薬剤を使用して髪のキューティクルを開かせ、内部の結合を組み換えた上で、高温のストレートアイロンを使用して髪を真っ直ぐにし、形状記憶させる施術です。

髪の構造自体へ働きかける強い薬剤を使用するため、トリートメント成分を補いながら施術をしても、ダメージはどうしても残ります。
そのため、ケミカルと呼ばれる薬剤知識や髪への知識が豊富なスタイリストの方にお任せするのがオススメです。
適切な処理やトリートメント、施術方法で少しでも髪の負担を減らしましょう。

hair-straightening-安心

きちんと説明をしてくれる。相談に乗ってくれる。施術は信頼の出来るサロンで行いましょう。

最近では薬剤・技術の進化によって、昔のように「不自然なほどの直毛」になることは少なくなってきました。
サロンによっては自然なストレートヘアのように見えるもの、毛先のみパーマを加えることでナチュラルに仕上げるものなど様々なオリジナルの技術を提供していることもあります。
まずはカウンセリングでしっかりと説明を受け、「ここなら大丈夫」と安心できるサロンで施術を受けましょう。

そのほかの美容室Q&Aカテゴリの記事はこちら

詳しくわかる!ドライカットのメリットとデメリット

詳しくわかる!ドライカットのメリットとデメリット

皆さん、ドライカットにどのようなイメージをお持ちですか?「ドライなカット…何となく、髪の傷みが出やすいのでは?」と思われる方もいると思いますが、そんなことはありません!今回は、ドライカットについての疑問を分かりやすくお伝えします。なんとなく髪型を美容師さん任せにしていた方も必見です!

美容室Q&A
ヘアアイロンやコテって傷むの?どうしたら少しでもダメージを減らせるの?

ヘアアイロンやコテって傷むの?どうしたら少しでもダメージを減らせるの?

パーマをかけなくてもお手軽にカールやウェーブを作れるヘアアイロンは、クセを抑えたり本格的なスタイリングをするには欠かせないヘアアイテム。しかし、毎日高温のアイロンを髪に当てるとなるとダメージが心配です。今回はヘアアイロンによるダメージについて調べたことをまとめました。

美容室Q&A
美容室のカウンセリングで、どう伝えたら良いかわかりません。

美容室のカウンセリングで、どう伝えたら良いかわかりません。

今やどこの美容室でも施術前に「カウンセリング」の時間を取り、スタイルの希望や髪の悩みなどを担当スタイリストさんと話せるようになっています。しかし、時間が短かったり、希望が定まっていなかったりして、上手く伝えられなかった…という方もいるのではないでしょうか?
新しい美容室に行く前に、準備できることをお伝えします。

美容室Q&A
pageTop