顔のカタチ別・オススメのスタイル

ヘアカタログを眺めていると、「似合う顔型」が挙げられていたりします。1人1人違う顔の形、あなたは自分がどんな顔型にカテゴライズされるか知っていますか?私は「丸顔」と「卵型」の違いを知りませんでした!自分の顔型を知り、今後のスタイル選びの参考にして頂ければと思います。

face-type-色々な形

ヘアスタイルは顔の形にとらわれず楽しめるんですよ!

顔の骨格や肉付きによって、ヘアスタイルにも向き・不向きがあります。
元々ある個性に足したり打ち消したりすることで、十分髪型で顔型をカバーすることができます。
いくつか例を挙げて説明いたします。

face-type-丸

童顔に見えやすい丸型ですが、スタイリングやカットの仕方により雰囲気を変えることができます。

丸型

顔の輪郭に丸みがあり、親しみやすくふっくらとした印象の丸型。
横幅に目が行きがちなタイプなので、できるだけ縦長のイメージを作るような工夫が必要です。
童顔に見えることも多いので、トップにボリュームを出すなどしてウェイトコントロールを行うとよいでしょう。

顔の大きさが気になる場合は顔周りの髪で頬を隠すようにカットすることで小顔効果を引き出すことができます。
前髪はパッツンにするとより幼く見えてしまう可能性があるので、斜めに流したり、前髪自体を作らないスタイルもオススメです。

face-type-卵

比較的どんなカットでも似合うとされていますが、面長にならないようサイドにボリュームをとるようにしましょう。

卵型

どんなスタイルも似合うと言われている卵型。
ヘアスタイルの理想形は「ひし形」とされますが、卵型の方の輪郭は元々この形に近いのです。
輪郭の美しさを活かしてショートヘアにしたり、ぱっつん前髪を作って個性的な髪型を表現できるのもこの形の魅力。
ウェイトコントロールを行えば大体の髪型が似合ってしまうので、信頼のおける美容師さんにお任せしましょう。
少し面長気味であれば、センター分けの前髪や高さの出るアップスタイルは避け、サイドに少しボリュームを出すなどしてバランスを取ると良いでしょう。

face-type-四角

輪郭への視線を避けたい時は、スタイリングやカットの仕方で工夫を!

四角型

あごがひらべったい印象の輪郭で、エラの張りが気になるのもこの形の人に多い特徴です。
ショートに比べるとロングやミディアムヘアがよく似合いますが、顔の横幅が気になる場合は顔周りの髪をなるべく残すようなスタイルにすると良いでしょう。
髪のウェイトをあごのラインよりも下に持ってくると、すっきり落ち着いて見えます。

face-type-ベース

悩む人も多いベース型。丸型と同様に前髪の分け方やスタイリングで小顔に見せることは可能です。

ベース型

顔のエラ・ハチが張った輪郭で、頬骨を気にされる方も多いのがこの顔型。
「ひし形」に落ち着くよう、トップにはボリュームを出し、襟足あたりでくびれるようなスタイルがオススメです。
がっしりした雰囲気が出がちな骨格なので、シルエットは直線的なものよりもふんわりとした印象を目指しましょう。

前髪はサイドに分けるように作り、顔の横幅が気になる場合は、顔周りの毛で隠せるようにすると良いでしょう。
あごのラインがスッキリしているので、スタイルの作り方によっては小顔に見せることもできます。

face-type-三角

三角型の人だってやわらかい雰囲気はちゃんと出せます!前髪とふんわりパーマがポイントです。

三角型

アゴのとがったシャープな印象の顔型で、やわらかさが出しづらくクールな印象を持たれがちなタイプです。
そのためふんわりしたパーマをかけるなどしてトップとあごの周りにボリュームを持たせるとおさまりが良く、優しく女性らしい雰囲気を引き出すことができます。
前髪も幅がありやや重ためのスタイルがオススメです。

「オシャレ・トレンド、スタイリング・アレンジ」のおすすめサロンのまとめ記事

オシャレ・トレンド、スタイリング・アレンジについておすすめのサロンを特集しています。お近くのエリアの記事をぜひ確認してみてください!

オシャレ・トレンドがおすすめの美容室まとめ

スタイリング・アレンジがおすすめの美容室まとめ

美容室をもっと好きになれるメディアBSR PRESS
フォローして新着記事をチェックする
pageTop