雨の日はスタイリングがうまくいきません

湿度の高い日や雨の日のスタイリングは難航するもの。私も大事な日に髪を巻いたつもりが、一歩外に出ると一瞬で取れて本当にガッカリした経験があります。雨の日でもしっかりスタイルをキープさせるコツを調べましたので、ぜひスタイリングのご参考になさって下さい。

rain-day-雨のイメージ

雨の日ってどうして髪がうねるんでしょうか?原因と対処法をご紹介します。

髪のボリュームがなくなったり、うねりが出る雨の日は、コテやアイロンとスタイリング剤を活用してスタイリングしましょう。
猫っ毛の方など、それでもぺったりしてしまう場合はパーマをスタイルに取り入れるのもオススメです。

なぜ雨の日は「うねる」のか?

rain-day-困る女性

個人差はもちろんありますが、カラーやパーマの経験がある人は特に影響がでます。

雨の日は湿気によって髪が広がったり、うねりが出てしまいがちです。
「せっかく朝気合を入れてスタイリングしたのに、数時間後にはもう崩れてしまった…」という経験をお持ちの方も、大勢いるのではないでしょうか?
ふだん特別目立ったうねりやクセのない方も、どうして雨の日はクセが出てしまうのでしょう。

実は湿度が高いと、髪の内側は乾燥しているのに髪の表面だけが水分を含み、いびつに膨らんでしまいます。
また、カラーやパーマなどのダメージで髪表面のキューティクルが損傷し、水分を吸収しやすくなってしまうのも原因の一つです。
そのため、日頃からなるべくダメージ軽減を念頭に置き、適切なヘアケアを行うことが大切です。

rain-day-問題が沢山

「雨」は髪の天敵…でも負けずに出来ることも沢山あるんですよ!

美容院では出来る限りダメージの少ない施術をお願いし、日常生活でもドライヤーやコテの温度、シャンプーなどに気をつけ、洗い流さないトリートメントなどでしっかり髪をコーティングしておくのが良いでしょう。
また、お風呂上がりのドライは必ず行い、根本から毛先にかけてしっかりと乾かすことで、湿り気が残らないようにするのも効果的です。

それでも全くうねりを出さないのは難しいので、クセをおさえたい部分にストレートアイロンを使用すると、よりスタイリングしやすくなります。
ボリュームがなくなってしまう方は、根元にボリュームが出やすいようにカーラーで巻いたり、カールアイロンを使用するのもオススメです。

rain-day-カウンセリング

雨の日のストレスを軽減するためにも、縮毛矯正やデジタルパーマも考えてみてくださいね。

どちらの場合も、ヘアケア製品やスタイリング剤で髪を保護してからコテ・アイロンを使用し、最後にキープ剤(ハードスプレー等)をでコーティングしましょう。
不器用な方や特にクセの強い方、髪のボリュームが出づらい方は縮毛矯正やデジタルパーマも視野に入れてみて下さい。
雨の日ごとにアイロン等を使用するより、ダメージが軽減される可能性もあります。

担当スタイリストの方がいる場合は、施術の際に気になる髪のクセを伝えると、雨の日でもセットしやすいスタイルにしてくれるでしょう。

「スタイリング・アレンジ、デジタルパーマ・エアウェーブ、パーマ」のおすすめサロンのまとめ記事

スタイリング・アレンジ、デジタルパーマ・エアウェーブ、パーマについておすすめのサロンを特集しています。お近くのエリアの記事をぜひ確認してみてください!

スタイリング・アレンジがおすすめの美容室まとめ

デジタルパーマ・エアウェーブがおすすめの美容室まとめ

パーマがおすすめの美容室まとめ

美容室をもっと好きになれるメディアBSR PRESS
フォローして新着記事をチェックする
pageTop