雨の日はスタイリングがうまくいきません

湿度の高い日や雨の日のスタイリングは難航するもの。私も大事な日に髪を巻いたつもりが、一歩外に出ると一瞬で取れて本当にガッカリした経験があります。雨の日でもしっかりスタイルをキープさせるコツを調べましたので、ぜひスタイリングのご参考になさって下さい。

公開日:2018/09/07
rain-day-雨のイメージ

雨の日ってどうして髪がうねるんでしょうか?原因と対処法をご紹介します。

髪のボリュームがなくなったり、うねりが出る雨の日は、コテやアイロンとスタイリング剤を活用してスタイリングしましょう。
猫っ毛の方など、それでもぺったりしてしまう場合はパーマをスタイルに取り入れるのもオススメです。

なぜ雨の日は「うねる」のか?

rain-day-困る女性

個人差はもちろんありますが、カラーやパーマの経験がある人は特に影響がでます。

雨の日は湿気によって髪が広がったり、うねりが出てしまいがちです。
「せっかく朝気合を入れてスタイリングしたのに、数時間後にはもう崩れてしまった…」という経験をお持ちの方も、大勢いるのではないでしょうか?
ふだん特別目立ったうねりやクセのない方も、どうして雨の日はクセが出てしまうのでしょう。

実は湿度が高いと、髪の内側は乾燥しているのに髪の表面だけが水分を含み、いびつに膨らんでしまいます。
また、カラーやパーマなどのダメージで髪表面のキューティクルが損傷し、水分を吸収しやすくなってしまうのも原因の一つです。
そのため、日頃からなるべくダメージ軽減を念頭に置き、適切なヘアケアを行うことが大切です。

rain-day-問題が沢山

「雨」は髪の天敵…でも負けずに出来ることも沢山あるんですよ!

美容院では出来る限りダメージの少ない施術をお願いし、日常生活でもドライヤーやコテの温度、シャンプーなどに気をつけ、洗い流さないトリートメントなどでしっかり髪をコーティングしておくのが良いでしょう。
また、お風呂上がりのドライは必ず行い、根本から毛先にかけてしっかりと乾かすことで、湿り気が残らないようにするのも効果的です。

それでも全くうねりを出さないのは難しいので、クセをおさえたい部分にストレートアイロンを使用すると、よりスタイリングしやすくなります。
ボリュームがなくなってしまう方は、根元にボリュームが出やすいようにカーラーで巻いたり、カールアイロンを使用するのもオススメです。

rain-day-カウンセリング

雨の日のストレスを軽減するためにも、縮毛矯正やデジタルパーマも考えてみてくださいね。

どちらの場合も、ヘアケア製品やスタイリング剤で髪を保護してからコテ・アイロンを使用し、最後にキープ剤(ハードスプレー等)をでコーティングしましょう。
不器用な方や特にクセの強い方、髪のボリュームが出づらい方は縮毛矯正やデジタルパーマも視野に入れてみて下さい。
雨の日ごとにアイロン等を使用するより、ダメージが軽減される可能性もあります。

担当スタイリストの方がいる場合は、施術の際に気になる髪のクセを伝えると、雨の日でもセットしやすいスタイルにしてくれるでしょう。

この記事に関連するキーワード :

この記事を読んでいる人におすすめの記事

産後の抜け毛で悩んでいる人へ!ママ美容師直伝【対策とおすすめスタイル8選】

産後の抜け毛で悩んでいる人へ!ママ美容師直伝【対策とおすすめスタイル8選】

かわいい我が子が産まれても、ママは感動に浸っている時間はありません!終わりが見えないほど忙しい育児の日々に、美容室に行くのも一苦労。そんな状態のママから、美容師が一番相談されると言っても過言ではないのが「産後の抜け毛」についてです。今回は、今まさに「どうしたらいいんだろう」と抜け毛に悩んでいる人に向けたトピックスをご紹介します!

読みもの 子育てママ・子ども
髪が少なくてもできる髪型って?悩める女性に美容師が徹底アドバイス!

髪が少なくてもできる髪型って?悩める女性に美容師が徹底アドバイス!

髪に対する悩みは誰にでもありますが、髪自体が少ない場合はどうすればいいのでしょうか?生まれつき髪の少ない人もいれば、産後や体調不良、生活習慣によって髪が少なくなってしまったと悩んでいる人は、意外にたくさんいるんです。今回は、そんな悩める人たちを救うべく、「髪の少なさ」に実際に悩んだことのある美容師fukumiがみなさんと一緒に悩みを解決していきます!あなたの髪を、今までよりももっと好きになるのためにはどうしたらいいのか、たくさんの情報をお届けしていきます。ぜひ、最後までお付き合いくださいね。

読みもの ヘアスタイル
縮毛矯正をやめたい人必読!他のヘアスタイルへの移行方法とオススメ長さ別ヘアスタイル6選

縮毛矯正をやめたい人必読!他のヘアスタイルへの移行方法とオススメ長さ別ヘアスタイル6選

クセに悩む人の中には、縮毛矯正は欠かせない!という方も多いのでは?ですが、一度ストレートヘアになった髪から「他のヘアスタイルに変えてみたい」と思ったら、どうすればいいのでしょうか。今回は、美容師が「縮毛矯正のやめ方」と、「他のヘアスタイルへの移行方法」についてお伝えします。

読みもの 縮毛矯正
美容師が教える!髪と頭皮の正しいアンチエイジング&「絶対ほしい!」おすすめグッズ7選

美容師が教える!髪と頭皮の正しいアンチエイジング&「絶対ほしい!」おすすめグッズ7選

誰しもみんな「いつまでも若々しくキレイでいたい」と思いますよね。昔の写真を見返しては、「あの頃はこんなに若かったのに」とがっかりしていませんか?人はみんな同じスピードで歳を重ねていきますが、見た目の変化は努力次第で遅くすることができます。今回は、あなたの今の見た目を5年後もキープできるようなアンチエイジングの方法をお伝えします!

読みもの 悩み
美容師おすすめ!くせ毛が好きになる髪型5選とおすすめスタイリング剤3選

美容師おすすめ!くせ毛が好きになる髪型5選とおすすめスタイリング剤3選

あなたは自分の髪質が好きですか?髪の太さや、地毛の色、毛量の違いなど…髪質は誰ひとりとして同じ人はいません。それぞれ好みの髪質になることができるように、パーマをかけたり、ヘアカラーをしたりしますよね。
理想の髪型になるためにいろいろと追及するのはとても良いことなのですが、まずは自分がどういう髪質なのかをしっかり理解することで、今よりももっと簡単に毎日スタイリングができるようになりますよ!!

読みもの 悩み
くせ毛さん必見梅雨対策バイブル!ヘアケア+おすすめスタイル9選+スタイリング剤9選

くせ毛さん必見梅雨対策バイブル!ヘアケア+おすすめスタイル9選+スタイリング剤9選

湿気で髪はボサボサだし、ウネウネ。「梅雨だから何をしても、どうにもならない!」と思っていませんか?じつは、きちんとした対策とヘアケアをすると、一日中ヘアスタイルをしっかりキープできるんです!この記事では梅雨対策にオススメの「スタイリング剤」をはじめ「くせを活かしたスタイル」などご紹介。くせ毛さん必見ですよ!

読みもの 悩み
詳しくわかる!ドライカットのメリットとデメリット

詳しくわかる!ドライカットのメリットとデメリット

皆さん、ドライカットにどのようなイメージをお持ちですか?「ドライなカット…何となく、髪の傷みが出やすいのでは?」と思われる方もいると思いますが、そんなことはありません!今回は、ドライカットについての疑問を分かりやすくお伝えします。なんとなく髪型を美容師さん任せにしていた方も必見です!

読みもの カット

そのほかの悩み、読みものカテゴリの記事はこちら

美容師が教える!髪と頭皮の正しいアンチエイジング&「絶対ほしい!」おすすめグッズ7選

美容師が教える!髪と頭皮の正しいアンチエイジング&「絶対ほしい!」おすすめグッズ7選

誰しもみんな「いつまでも若々しくキレイでいたい」と思いますよね。昔の写真を見返しては、「あの頃はこんなに若かったのに」とがっかりしていませんか?人はみんな同じスピードで歳を重ねていきますが、見た目の変化は努力次第で遅くすることができます。今回は、あなたの今の見た目を5年後もキープできるようなアンチエイジングの方法をお伝えします!

読みもの 悩み
美容師おすすめ!くせ毛が好きになる髪型5選とおすすめスタイリング剤3選

美容師おすすめ!くせ毛が好きになる髪型5選とおすすめスタイリング剤3選

あなたは自分の髪質が好きですか?髪の太さや、地毛の色、毛量の違いなど…髪質は誰ひとりとして同じ人はいません。それぞれ好みの髪質になることができるように、パーマをかけたり、ヘアカラーをしたりしますよね。
理想の髪型になるためにいろいろと追及するのはとても良いことなのですが、まずは自分がどういう髪質なのかをしっかり理解することで、今よりももっと簡単に毎日スタイリングができるようになりますよ!!

読みもの 悩み
くせ毛さん必見梅雨対策バイブル!ヘアケア+おすすめスタイル9選+スタイリング剤9選

くせ毛さん必見梅雨対策バイブル!ヘアケア+おすすめスタイル9選+スタイリング剤9選

湿気で髪はボサボサだし、ウネウネ。「梅雨だから何をしても、どうにもならない!」と思っていませんか?じつは、きちんとした対策とヘアケアをすると、一日中ヘアスタイルをしっかりキープできるんです!この記事では梅雨対策にオススメの「スタイリング剤」をはじめ「くせを活かしたスタイル」などご紹介。くせ毛さん必見ですよ!

読みもの 悩み
その頭皮、乾燥してるかも?!頭皮の保湿がオススメな理由を大公開!

その頭皮、乾燥してるかも?!頭皮の保湿がオススメな理由を大公開!

寒さと冷え込みを感じる季節は、同時に乾燥が気になる季節でもあります。皆さんは肌と同じように頭皮の保湿もしていますか?「えっ、頭皮に保湿?!」と思われるかもしれませんが、実は頭皮の保湿は重要なのです。今回は、頭皮の保湿で綺麗な髪を保つ秘訣を教えます!

読みもの 悩み
pageTop