ノンシリコンって何がいいの?

近年、お茶の間を騒がせた「ノンシリコン」というワード。「シリコン」は悪であるとか、実は大丈夫であるなど、色々な説が飛び出しました。結局のところ「シリコン」って何なのでしょう?シリコンの種類、シリコンとノンシリコンの違いについて調べたことをまとめてみました。

non-silicon-ハテナ

最近よく聞く”ノンシリコン”ってどういうもの?

シリコン(シリコーン)というコーティング剤が入っていないシャンプーの事をノンシリコン(シリコンフリー)といいます。

ノンシリコンとシリコン入りのシャンプーの違い

non-silicon-ボトル1

「シリコン」は髪をさらさらにし、指通りを良くする働きがあります。

シリコン入りシャンプー

一般的に市販されているシャンプーにはシリコンが含まれている事が多いです。
成分表示にジメチコン、シクロメチコン、メチコン、シロキ、シリカという成分があれば、これが「シリコン」と呼ばれる成分です。
なぜシャンプーに含まれているのかというと、シリコンには髪の表面をコーティングして指通りのよいサラサラな髪に仕上げるという働きがあるためです。
特に、安価なシャンプーなどには洗浄力の強い「ラウリル硫酸」「ラウレス硫酸」などの成分が配合されており、髪の毛に必要な油分・潤い成分を丸ごと洗い流してしまう場合があるため、キシキシの手触りになるのを防ぐためにシリコンが使われます。

一時期、シリコン入りのシャンプーの使用で「トリートメントなどの有効成分が浸透しなくなる」「毛穴に詰まりフケなどの原因になる」という情報が飛び交いましたが、シリコンは非常に安全性の高い成分であり、洗浄すればしっかり落ちるため頭皮・髪への残留を心配することはありません。

non-silicon-ボトル2

シャンプーにシリコンが含まれていなくても、コンディショナーに含まれていることがあります。

ノンシリコンシャンプー

髪の毛をコーティングするシリコンが含まれていないシャンプーを指しますが、シリコンは含まれていなくても、シリコンに代わるコーティング成分が含まれていることがあります。
もしくはそういった成分が入っておらず、シャンプーだけではキシキシの洗い上がりになり、コンディショナー等で指通りを良くするという場合もあります。
(この場合コンディショナーの方にはシリコンが入っている可能性もあります)

どちらが良いのか

non-silicon-which

ノンシリコンであれば良い。言う風潮に流されず、自分に合った方を使って髪を健康に保ちましょう!

注意したいのが、ノンシリコンであれば全て良いという風潮です。
シリコンは洗浄成分でも有効成分でもなんでもないただのコーティング剤であるため、ベストサロンレポートではシリコンの有無よりも洗浄成分が自分に合っているかどうかでシャンプーを選ぶことをオススメします。
ただ、シャンプーに含まれる強い洗浄成分をシリコンコーティングで落ち着かせるということも低価格のシャンプーでは起きることがあるようです。
将来に渡る頭皮・髪の健康のためにも自分に合ったシャンプーを選んで頂きたいと思います。

「シャンプー」のおすすめサロンのまとめ記事

シャンプーについておすすめのサロンを特集しています。お近くのエリアの記事をぜひ確認してみてください!

シャンプーがおすすめの美容室まとめ

美容室をもっと好きになれるメディアBSR PRESS
フォローして新着記事をチェックする
pageTop