シャンプーにはどんな種類があるの?

アミノ酸系、アルコール系、など聞き馴染みのない言葉で括られるシャンプーのカテゴリー。今回はシャンプーの種別について簡単にまとめてみましたので、ぜひシャンプー選びの参考になさって下さい。

type-of-shampoo-ボトル

シャンプーを買いに行くと数が多くて悩みますよね。そもそもどんな種類があるんでしょうか?

シャンプーは使用されている界面活性剤の種類から大別すると3種類。
そこに天然成分を配合したもの、ノンシリコンのものなど、様々に分類されています。
ざっくりとですがその特徴をご紹介しますので、価格や洗浄力の差、好みからシャンプー選びにお役立て下さい。

洗浄成分別シャンプーの種類

type-of-shampoo-赤ちゃん

子供も安心して使えるのはアミノ酸系シャンプーです。

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーは肌と同じ弱酸性のため髪に優しく、赤ちゃんや敏感肌の方でも使える製品が発売されています。
仕上がりはしっとりとして、乾燥を防ぐのも特徴。多くの美容室でも取り扱われています。
しかし、肌や髪に優しい分洗浄力は強くないため、頭皮が脂っぽい体質の方や、整髪料をたくさん使用する方は2度洗いが必要なことも。
原価がかかる分、価格は比較的高めです。

type-of-shampoo-種類1

市販シャンプーのほとんどが高級アルコール系シャンプーです。

高級アルコール系シャンプー

市販されているシャンプーの多くは高級アルコール系シャンプーであるため、長所は比較的に手ごろで安価に購入できる点です。
泡立ちの良さも特徴的で、モコモコして気持ち良く洗えます。
その分短所としては洗浄力が高く、頭皮に必要な皮脂まで洗い落してしまったり、地肌や髪に負担をかけてしまう心配があるという点が挙げられます。
汚れがしっかり落ちて「洗った感」があるので、皮脂が気になる方に愛好されている方が多いようです。

type-of-shampoo-種類2

昔ながらの石鹸をシャンプーにしたものです。石鹸カスのすすぎ残しに注意しましょう!

石鹸系シャンプー

人類の歴史の中でも最も古い洗剤である「石鹸」を液状にしたシャンプーです。
成分は通常の石鹸と変わりませんが、シャンプーとしての特徴は価格が比較的安価で、その安全性や信頼性から自然派志向の方などに愛用されていることが多いようです。
洗浄力は強いのですが、石鹸はアルカリ性であるため髪がキシキシしたり、石鹸カスが出てしまうという短所もあります。
シャンプー後に酸性のリンスでペーハー値のコントロールを行いましょう。

配合成分について

type-of-shampoo-種類3

”天然””オーガニック”と表記されていても合成化学物が含まれていることも。しっかり成分表をチェックしましょう!

天然シャンプー・オーガニックシャンプー

海藻やフルーツ、ハチミツなど自然界にあるものを配合したシャンプーを天然シャンプーと呼ぶことがあります。
また、その原料を無農薬・有機栽培で育てているものをオーガニックシャンプーと呼ぶことがあります。
これらは頭皮や毛髪に優しく、ダメージをかけにくいとされ人気を集めています。
ただ、天然成分や有機栽培された植物の成分が配合されてはいても、ほとんど全てのシャンプーには合成化学物が含まれています。
どういった成分が配合され、どのような使用感があるのかはボトル裏の成分表を自分なりによく読んだり、使ってみて判断を下す必要があります。

type-of-shampoo-種類4

自分の髪に合ったシャンプーはどの種類なのか?まずは美容師さんと相談してみて下さい!

ノンシリコンシャンプー

ノンシリコンシャンプーは、主に石油からつくられるシリコンという成分を含まないシャンプーです。
シリコンは髪の表面をコーティングすることで指通りの良いサラサラの髪にしてくれるという働きを持っていますが、一時期から頭皮や髪に付着したシリコンはすすいでも落ちず、トラブルの原因になるといった説がささやかれるようになり、ノンシリコンシャンプーが脚光を浴び始めました。
(実際はシリコンは毛穴に詰まることはなく、シャンプーでの洗浄で十分落ちると言われています)

ノンシリコンシャンプーにはシリコン自体は含まれていないものの、指通りを良くするシリコンの代替成分が含まれていたり、全く含まれていない場合は洗い上がりがキシキシになるといった特徴があります。
ベストサロンレポートではシリコンを絶対悪と捉えないポジションを取っていますが、自分に合うシャンプーを選ぶ際はしっかり情報収集をしたり、信頼できる美容師の方に相談することをオススメします。

美容室をもっと好きになれるメディアBSR PRESS
フォローして新着記事をチェックする

そのほかの美容室Q&Aの記事はこちら

pageTop