縮毛矯正とストレートパーマはどう違いますか?

どちらもストレートヘアになれる印象の「縮毛矯正」と「ストレートパーマ」。どちらもポピュラーな言葉ですが、美容室のメニューを見ると2つが別々に記載されていることがあります。クセが伸びてストレートヘアになるなら、どっちも同じ意味じゃないの?実は厳密には縮毛矯正とストレートパーマは少し工程が違っています。今回は2つの技術の違いに迫ります。

straight-考える女性

縮毛矯正とストレートパーマって何が違うの?

薬剤+熱の力でくせのある髪もまっすぐに伸ばすのが縮毛矯正、薬剤の力だけで行うのがストレートパーマです。

縮毛矯正とストレートパーマの特徴

縮毛矯正

straight-縮毛矯正

髪のクセが強い人には縮毛矯正がおすすめです。

縮毛矯正では、薬剤を塗り広げて髪内部の結合を切り離したあと、更にストレートアイロンを髪に滑らせることで熱により髪を真っ直ぐに伸ばし、形状記憶させます。
ストレートパーマよりもまっすぐにする力が強いので、髪のクセが強い場合や、髪の量が多い場合、髪が広がりやすい場合などは縮毛矯正の方が効果的です。

強いクセでも伸ばすことができるのが何よりの利点ですが、やり方によっては不自然に髪がまっすぐに伸びて自然なストレートに見えなかったり、矯正後にパーマがかけられないといった場合もあるので、縮毛矯正を得意としているサロンや行きつけのサロンでご相談することをオススメします。
髪には強い負担がかかるので、施術後はしっかり自宅でのケアも忘れずに。

ストレートパーマ

straight-薬剤の調合

自然な仕上がりを好む人はストレートパーマを試してみて下さい。

ストレートパーマは薬剤の力のみで髪をまっすぐにする技術です。
熱を加えないことが縮毛矯正との大きな違いであり、通常のパーマ(熱を加えない)とデジタルパーマ(熱を加える)の関係と構造的に似ています。
パワーは縮毛矯正よりも弱いことが多いものの、自然な仕上がりが期待できるため、クセがそこまで強くない場合はストレートパーマでも十分まっすぐになる場合もあります。

初めてストレートメニューを行う場合は、どちらが良いのか担当スタイリストの方に聞いてみましょう。
プロの方に自分の元々の髪質や傷み具合を見てもらい、どうやってそのスタイルに近づけていくのが良いのかを相談すると、一番失敗が少ないでしょう。
こちらも縮毛矯正と同じく、施術後はしっかり自宅でのケアを行いましょう。

「縮毛矯正・ストレート」のおすすめサロンのまとめ記事

縮毛矯正・ストレートについておすすめのサロンを特集しています。お近くのエリアの記事をぜひ確認してみてください!

縮毛矯正・ストレートがおすすめの美容室まとめ

美容室をもっと好きになれるメディアBSR PRESS
フォローして新着記事をチェックする
pageTop