パーマのお手入れやスタイリングってどうしたらいいですか?

せっかくパーマをかけたなら、美容室帰りのようなスタイルを自分でも再現したいですし、できるだけ長持ちさせたいもの。今回はパーマの扱い方のコツをお伝えしますので、ぜひ理想のカールやウェーブを楽しんで下さい!

pama-styling-巻髪

パーマの「持ち」には毛質が大きく関係します。

人によって持ちが違うパーマ。
長持ちするかどうかは、パーマの種類や髪質によって違います。
一般的に、ゆるめのパーマは1ヶ月、きつめで2~3ヶ月、デジタルパーマが6ヶ月程度と言われています。
ここにパーマが「かかりやすい毛質」「かかりにくい毛質」といった要素が絡み、個人差が生まれます。

コールド系パーマのお手入れ方法

pama-styling-パーマ1

髪が健康であるかどうかでもパーマの持ちは変わってきます。

パーマの持ちに関しては元々の髪の状態がかなり影響します。
ダメージしすぎている髪や、元々の毛が細く、柔らかすぎる毛の場合はかかりにくかったり、かかってもすぐ取れてしまうことがあります。
また健康な毛も逆にパーマ液が入りづらいことがありますが、回数を重ねるごとにウェーブが出やすくなっていきます。

コールド系パーマのスタイリング方法

pama-styling-ヘアケア

スタイリング前には髪をよく濡らしましょう。

コールドパーマの大きな特徴は、「濡れているときにウェーブが出る」ということ。そのため、濡れたような質感をいかにキープするかが肝心です。スタイリングの際はまずミストなどで髪全体を濡らし、ウェーブを再現します。
その上でパーマ用ムースを使用し、ドライヤーや自然乾燥などで乾かすのがオススメです。
ムースの中にもホールド力の高いもの、水分保持力が高くうるうるの質感になるもの、香りの良いものなど様々な製品があります。
ドラッグストアやバラエティショップなどでも取り扱いはありますが、初めての使用の場合はパーマをかけた美容室で相談するのが良いでしょう。

ホット系パーマ(デジタルパーマ等)のお手入れ方法

pama-styling-パーマ2

髪の状態、毛質に左右されずにパーマをかけることができます。

コールド系に比べて、どんな髪でも比較的かかりやすいのがホット系パーマ。
熱と乾燥工程が加わるため、コールド系とは逆に乾燥している時にカールが出やすく、「形状記憶パーマ」とも言われるように、乾燥によってリッジの効いたカールがかけた時と同じように再現されるのが特徴です。
お手入れ方法は基本的にコールド系と同じで、1〜2日はシャンプーを控えてカールを定着させます。
ただホット系は乾燥時にカールが再現されるため、乾燥によるパーマの持ちに関してはそこまで深刻に考えなくても大丈夫なようですが、髪自体の健康を保つためにもタオルドライ時の「洗い流さないトリートメント」の使用がオススメです。

ホット系パーマ(デジタルパーマ等)のスタイリング方法

pama-styling-ドライヤーをあてる女性

朝の時間は貴重ですよね!お風呂上りにスタイリングを済ませておきましょう。

ホット系パーマの場合、ドライヤーなどで乾燥させながらスタイリングを行います。
朝、一度濡らしてから乾かし直すとなると時間がかかってしまうため、できれば夜お風呂上がりのタイミングでしっかりカールを出しておくと良いでしょう。
その状態で寝れば、起きても形状記憶された綺麗なパーマのままお出かけできます。
(朝シャワーを浴びる場合は朝のスタイリングでOKです!)

「デジタルパーマ・エアウェーブ、パーマ」のおすすめサロンのまとめ記事

デジタルパーマ・エアウェーブ、パーマについておすすめのサロンを特集しています。お近くのエリアの記事をぜひ確認してみてください!

デジタルパーマ・エアウェーブがおすすめの美容室まとめ

パーマがおすすめの美容室まとめ

美容室をもっと好きになれるメディアBSR PRESS
フォローして新着記事をチェックする
pageTop