京都の人気美容室10軒でスタイル作りの秘訣を聞いてきました!

style-ビファインベクスのオシャレスタイル

学生さんも大人女子も、トレンドのヘアスタイルで決めたいならココ!!(写真は、ビファインベクスさんのヘアスタイルより)

美容室 gift hair space (ギフトヘアースペース)

style-ギフトヘアースペースのオシャレスタイル

より素敵に見えるシルエットを手にしませんか?

レザー(かみそり)とすきばさみをほとんど使わず、はさみで丁寧にカットを行うギフトさん。

年齢を重ねたお客様が多いそうで、自然と下がってきたボリュームやウェイトの位置を、カットでリフトアップさせ、ふんわりとした質感に仕上げる技術を得意とされています。ボリュームダウンに伴ってトップがペタっとなってしまう場合は前髪の幅や量で見せ方を工夫したり、卓越したバランス感覚で量感・質感をコントロールしてくれます。

カットで実際の量や艶やかさ自体は取り戻せなくても、ふんわりとしたシルエットに見せることは可能。ギフトさんではいつまでも若々しく、オシャレを楽しめるヘアスタイルを提供し続けています。カットで補えない部分は、カラーやパーマなどの技術を加えることでもっと魅力的に。自分に自信を持てるようなオシャレなヘアスタイルにしたいなら、ぜひギフトさんにお願いしてみましょう。

■gift hair space (ギフトヘアースペース)
住所 京都府京都市中京区六角通高倉東入る堀之上町127 Y-2ビル 3F
電話番号 075-708-8081
詳細ページはこちら

美容室 commune (コミューン)

style-コミューンのオシャレスタイル

本当に欲しいヘアスタイルを実現してくれるサロンさん。

ヘアスタイルはとても大事なものですが、年齢を重ねるごとに髪の毛そのものを綺麗に保ちたいという気持ちが強くなってくるもの。そんな大人女性のニーズに応えるべく、コミューンさんでは髪と頭皮に優しい施術を第一にした大人のためのスタイル作りを行っています。

平野店長へのインタビューの中で印象的だったのは、「本当の気持ちを隠してしまうお客様が多い」ということ。ボリュームのなさや髪のうねりといったマイナス要素に自信をなくし、「こういうのが好き!こんな風にしたい」というポジティブな気持ちを素直に伝えられなくなってしまうのだそうです。平野店長は「私自身出産を経験し、40歳を過ぎ、髪質がどんどん変わっていくことに戸惑いを感じます。だからこそ同じ立場で共感できますし、そのための対処も当店にはたくさんあるので勇気を持ってお話してほしい」とも語ってくれました。

同じ目線で、素材そのものを美しく見せるスタイル作りに情熱を燃やす美容師さんがいるコミューン。髪に悩んでいるあなたにこそ行ってほしい美容室です。

■commune (コミューン)
住所 京都市下京区仏光寺通東洞院東入仏光寺西町352
電話番号 075-341-0337
詳細ページはこちら

美容室 Be fine becs (ビファインベクス)

style-ビファインベクスのオシャレスタイル

ふとした瞬間に、ふわっと動きのあるオシャレスタイル!いいですよね。

あえて「うちはこうです」とスタイルを限定せず、マニッシュからフェミニン、モードなスタイルまで幅広い女性像を生み出し続けるビファインさん。どんなスタイルでもハイクオリティに仕上げてくれるその根底には、徹底したカット理論の勉強、実践がありました。

髪の毛というのは基礎に忠実にきちんと切ると、綺麗に動きが出るのだそうです。その上で、それをどう「崩す」か。それによって、先に挙げた「マニッシュ」「フェミニン」といったテイストが表情として浮かび上がってきます。正確さとニュアンスの出し方、その両方があるからこそどんなオーダーをしてもお客様のニーズを捉えた女性像がしっかり表現されるのだと、インタビューを通じて感じました。

そして、ビファインさんでは全てのスタイリストさんがスペシャリストの自覚を持って施術にあたっており、一定の基礎レベル以上の部分においては各自の裁量で技術に関する判断をされています。例えば、「ワンレングスのボブ」というオーダー一つとっても、単にそれを作るだけでなく、内と外に微妙な段を入れることで毛先が内巻きになるようにしたり…という工夫をスタイリスト判断で行っているのです。細部までマニュアル化しないというのは、相応のレベルがなければできない取り組みです。ビファインのスタイリストさん皆さんに共通する安定感、信頼度、ぜひ技術を通じてそれらを感じて頂きたいと思います。

■Be fine becs (ビファインベクス)
住所 京都府京都市中京区河原町通三条上ル ユニティ河原町ビル2F
電話番号 075-254-8788
詳細ページはこちら

美容室 Relico-nid (レリコ ニド)

style-レリコ ニドのオシャレスタイル

風なびく後ろ姿も美しいって、女性の憧れですよね!是非、ここで。

スタイル作りでは、再現性を可能な限り高めるため「削ぎ」を極力入れないことにこだわるレリコニドさん。削ぎすぎると髪が軽すぎてまとまりづらく、ドライではなく毎回丁寧にブローをしないとスタイリングできなくなってしまうのだそうです。

また、短い髪であれば特に、前からの見た目だけでなくバックシルエットが大切になってきます。確かに、自分で見えるのは正面ですが、街中でヘアスタイルを「オシャレだな」と感じるのは横や後ろのシルエットが美しい時だな、とインタビューを通して感じました。レリコニドさんではどの角度から見ても美しくあることを基本に、整ったヘアデザインを発信し続けています。

そうしたスタイリングを作るため、レリコニドさんでは姉妹店メリコヘアーのスタッフさんと合同で、「ラボ」と呼ばれる技術発表会を実施。普段の自分の施術の考え方、やり方、裏付けなどをスタッフ間で発表し合うため、技法について勉強したり考えをまとめたりする必要があり、レベルアップに繋がるのだそうです。更に撮影会などで平面と立体の魅せ方両方を磨いていることもサロンワークに活きています。十分実力があってもスキルアップに余念がない姿勢こそがスタイル作り、そしてお客様満足度に繋がっているのだと強く感じました。

■Relico-nid (レリコ ニド)
住所 京都府京都市中京区六角通柳馬場東入大黒町76-2
電話番号 075-755-7169
詳細ページはこちら

美容室 PIECE PRIVE (ピエス・プリベ)

style-ピエス・プリベのオシャレスタイル

へアルタイルもメンテナンスが大切!お気に入りの髪型がキープできます。

大人女性にピッタリのオシャレなヘアデザインを発信しているピエスプリベさん。デザインにおいて最も大事にしているのは、「お客様のなりたいイメージ」そして「骨格への似合わせ」「的確な施術」とのことでした。カットの際はドライカットとアールカット(スライドさせて切るカット技法)を用いており、レザー(かみそり)は使用せずダメージレスに仕上げてくれます。

スタイルチェンジもお手の物にこなしてしまうピエスプリベさんですが、ニーズの一つとして「伸ばしたいけど扱いやすさは良くしたい」という声があったそうで、伸ばすためのカット「メンテナンスカット」をメニュー化。こちらは、傷んでいる部分だけを取り除いたり、伸びることでぶつかることが予測される部分を予め切っておくというまさにメンテナンスのためのメニュー。必要以上に切ることはないので、スタイルの邪魔にはなりません。

メンテナンスカットを行うと髪同士の引っかかりがなくなり、扱いやすさが格段にアップするのだそうです。通常はかなりカット周期の長いロングヘアなのに、月に1度必ず切りに来るという方がいるほど。どんな方でも違いは明確に感じられるそうですが、中でも毎日アイロンで髪を巻く方やグラデーションカラーを行っている方などは特にオススメ。しっかり実感しながらお気に入りのスタイルを楽しみ、オシャレな髪型をキープできるピエスプリベさん独自の技法です。

■PIECE PRIVE (ピエス・プリベ)
住所 京都市中京区三条堺町下る東側
電話番号 075-222-2676
詳細ページはこちら

美容室 PUREE de FLEURS (プレ デ フリュウ)

style-プレ デ フリュウのオシャレスタイル

あなたに合う。そした、あなただけの。最も似合うヘアスタイル手にしませんか?

プレデフリューさんでは「似合わせ」「お手入れのしやすさ」の2点を兼ね備えたスタイルを提供。更に「新しい発見をしてもらいたい」という想いを元に毎回ちょっとした提案を行ってもらえるので、常に新鮮な驚きや喜びを体感することができます。

そうしたスタイル作りの原点は松田オーナーのかつての海外経験にありました。当時の日本では、トレンドのヘアデザインをみんなが真似するのが主流。対して海外では、いかにその人らしさを出すかということがスタイリングにおいて重要なことでした。自由な発想で100人100通りの似合わせを行う。その経験をベースに、トレンド要素は入れつつもまずは「似合う」ことが第一であるという現在のスタイル作りに落ち着いたのだそうです。

似合っていて、お手入れがしやすく、しかもオシャレ。そんなスタイルを作るべく、プレデフリューさんではアシスタントさんだけでなくスタイリストさんのベーシックセミナーも定期的に開催しています。技術と、その方そのものを見る目、双方が研ぎ澄まされたスタイル作りをぜひ体験して頂きたいです。

■PUREE de FLEURS (プレ デ フリュウ)
住所 京都府京都市左京区吉田神楽岡町9-22(駐車場完備)
電話番号 075-751-5025
詳細ページはこちら

美容室 galopine et galopin (ガロピーヌ エ ガロパン)

style-ガロピーヌ エ ガロパンのオシャレスタイル

サイドビューも立体的に仕上げてくれます。ヘアダメージに配慮したカット技術も定評あり。

最初から最後まで基本的にドライカットで進めていくガロピーヌさんのカット。髪の毛は水を含むと柔らかく傷つきやすくなるため、こうした手法を取っているそうです。ダメージが出にくい状態で作り上げた髪型は非常に持ちが良く、2〜3ヶ月が経過しても枝毛・切れ毛が出にくいと評判を呼んでいます。

また、ガロピーヌさんではヘアデザインの際、正面はもちろんですが横から見たときのカットも重視。「人の髪を見て印象に残る時って、真横のイメージであることが多いと思うんです」と、不破オーナーは語ってくれました。確かに、「この人の髪型、綺麗だな」と思った時のイメージは頭の丸みや奥行きが見て取れる横顔であることが多いかも…と感じます。

スタイル作りはお客様としっかり対話しながら行うので、何となくのイメージしか浮かんでいなくても大丈夫。自分らしく、なりたいスタイルがきっと手に入るはずです。

■galopine et galopin (ガロピーヌ エ ガロパン)
住所 京都府京都市中京区油小路通三条東入ル塩屋町40 ヴィオラ三条小川103
電話番号 075-211-2845
詳細ページはこちら

美容室 MAULOA (マウロア)

style-マウロアのオシャレスタイル

毛量調整を削ぎでごまかさない高いカット技術で「美しく丸い」シルエットに仕上げてくれます。

マウロアさんでは、1人1人の骨格に合わせた「削ぎすぎない」カットを行っています。

美容室に行って「髪をすかれすぎた」という経験をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、それは本来残すべき部分までカットし、スカスカになっているということ。マウロアさんのカットでは、毛量調整はほどほどに根元から毛先まで量を均一にし、なおかつ頭が綺麗に丸く見えるよう切り進めるため、どの角度から見ても整っていて動きも出るという仕上がりになります。

マウロアはパーマが強いサロンとしてもおなじみですが、こうしたカットを行っておけばパーマをかけても傷みが出づらく、長持ちするのだそうです。ぜひ技術の基本ともいえるカットを体験し、その扱いやすさを実感して頂きたいです。

■MAULOA (マウロア)
住所 京都府京都市中京区油小路通四条上ル藤本町560
電話番号 075-231-0006
詳細ページはこちら

美容室 francoise marceau (フランソワーズマルソー)

style-フランソワーズマルソーのオシャレスタイル

日々のスタイリングが手軽にできることも考慮してくれるプロの施術。是非!

フランソワーズマルソーさんが第一に心がけているのは、お客様が思い描いているイメージと合致したものを作るということ。まず、「整えるだけ」なのか、「ちょっと変わりたい」のか、「イメージチェンジしたい」のか。そして、今はどんな気分で、どんなスタイルに興味があるのか…そうした様々な視点からその日の計画、年間計画をも視野に入れ、プロの目線でしっかりオシャレになれる提案をしてもらえます。

そして、マルソーさんで他に大切にしているのは、「自分でスタイリングできること」「健康的な施術を行うこと」。カットはともかく、薬剤施術ではどうしても髪や頭皮を傷めてしまうリスクが伴います。そのため、マルソーさんでは植物由来成分が93%というAVEDAカラーや、残留成分を除去する炭酸泉を導入。

カラーの塗り方も、薬剤を直接地肌につけないようにしたりと、美容室として行える努力は徹底的に行い、リスクを低減させています。そしてパーマに関しても「スタイリングを楽にする」を第一とし、パーマに苦手意識のあった方が次々とマルソーさんのパーマのファンになるような、質の高い施術を行っています。

マルソーさんのオシャレなスタイルの裏には、本当にお客様を想い、妥協をしないという高いプロ意識がありました。季節ごとのトレンドもしっかり抑えた、デザイン力の高さもその魅力。オシャレになりたいけどどうしていいかわからない…という方もしっかり希望を引き出してくれるので安心ですよ!

■francoise marceau (フランソワーズマルソー)
住所 京都府京都市西京区川島北裏町69-5 桂駅前ビル2F
電話番号 075-383-4343
詳細ページはこちら

美容室 Hair Studio ARS oike (ヘアスタジオアルス オイケ)

style-ヘアスタジオアルス オイケのオシャレスタイル

お客様の言葉を大切に傾聴し、限りなく近しいイメージに仕上げていく技術に優れています。

トレンドの最先端をひた走り、オシャレな京都の女性から支持を集めるアルスさん。スタイル作りにおいては「ものの形が人にどんな印象を与えるか?」という「造形心理学」の考え方を取り入れています。
例えば、前髪をぱっつんで切るよりもジグザグに切ったほうが「自然」ではありますが、ぱっつん前髪の方が「マジメ」な印象づけをすることができます。直線、曲線、丸、四角などそれぞれの形が持つ特徴を正確に把握することで、お客様の望むままにイメージ作りを行ってくれます。

また、人気の理由としてカウンセリングがスムーズであることも挙げられます。アルスのスタイリストさん達は「イメージを言葉で伝えること」を大切にされていて、わかりやすい言葉で提案してもらえます。例えば、「女性らしい」「柔らかい」「落ち着いた」というワードだと、何となく重めのロングを想像しますが、「女性らしい」「柔らかい」「華やか」というワードだと少し違って、レイヤーが入ってふんわりとしたスタイルが頭に浮かんできます。

そんな風に一般のお客様にも伝わる言葉選びを行い、イメージを共有しやすくすることでミスマッチを防ぎ、本当にその方に合ったオシャレなスタイル提供を行うのが大きな特徴と言えます。

■Hair Studio ARS oike (ヘアスタジオアルス オイケ)
住所 京都市中京区堺町通御池下る 丸木材木町676 SHICATA HUIT BLDG 2F,3F
電話番号 075-212-9880(予約優先制)
詳細ページはこちら

美容室 albasanz (アルバサンズ)

style-アルバサンズのオシャレスタイル

おひとりお一人のパーソナリティをより良く演出するスタイリングに仕上げてくれます。

アルバサンスさんがスタイル作りにおいて大切にしているのは「似合わせ」「お手入れのしやすさ」という2つの要素。

海外経験の長い松田オーナーは、その中で「似合わせ」の意味を考えてきたそうです。画一的ともいえるほど、多くの人が流行のヘアスタイルを希望する日本とは違い、いかに「自分らしい髪型」が叶うかが問われる欧米。頭の形や髪質、といった物理的な部分に加え、「その人らしさや個性」を盛り込んだスタイルこそが「似合わせ」なのだと感じた松田さんが、帰国後にオープンさせたアルバサンスさんでは、その考えに基づいて「個性を引き出す似合わせ」を行っています。

しかし、そうしたやり方には高い技術力・応用力が必要になるため、アルバサンスさんではスタッフ教育を徹底。アシスタントが練習を行うのは当たり前ですが、スタイリストになってからも技術セミナーを行い、全員で基礎力の反復、応用力の習得を行っているそうです。更にそこに上乗せするテイストは個人の裁量であるため、アルバサンスのスタッフさんたちはそれぞれに得意分野を持っています。

高い技術力があるからこそ引き出せる、その方だけの特別なスタイル。アルバサンスさんは「自分だけの髪型」を体験してみたい方にオススメの、実力派美容室です。

■albasanz (アルバサンズ)
住所 京都府京都市中京区三条通烏丸西入ル御倉町66-3NPビル1F
電話番号 075-257-7887
詳細ページはこちら

美容室をもっと好きになれるメディアBSR PRESS
フォローして新着記事をチェックする

そのほかの京都の人気美容室まとめの記事はこちら

pageTop