Q

ノンシリコンって何がいいの?

A

シリコン(シリコーン)というコーティング剤が入っていないシャンプーの事をノンシリコン(シリコンフリー)といいます。

【ノンシリコンとシリコン入りのシャンプーの違い】

最近何かとノンシリコンシャンプーをCMやドラッグストアの店頭などでみる機会が増えてきたかと思います。名前からして、シリコンが使われていないという予想はつくけれど、実際にはシリコン入りシャンプーとどうちがうのか、ご存じない方も多いかと思います。

  • シリコン入りシャンプー

    一般的に市販されているシャンプーにはシリコンが含まれている事が多いです。 成分表示上はジメチコン、シクロメチコン、メチコン、シロキ、シリカという成分があれば、これが「シリコン」と呼ばれる成分です。 このシリコンがなぜシャンプーに含まれているのかというと、髪の表面をコーティングして指通りのよいサラサラな髪に仕上げてくれるためです。特に、安価なシャンプーなどは洗浄力がとても強い「ラウリル硫酸」「ラウレス硫酸」などの成分が配合されているため、髪の毛に必要な油分・潤い成分を丸ごと洗い流してしまうため、それを文字通り「隠す」ためにシリコンが使われます。
    ただし、よく言われるようにトリートメントなどの有効成分が浸透しなくなるということや、毛穴に詰まりフケなどの原因になるということはなさそうです。
    デメリットとして、シリコンが剥がれるときに一緒にキューティクルを剥がしてしまうことがあるので、髪の毛がその分痛む可能性もあります。
    ただその分紫外線や摩擦・ドライヤーの熱などから守ってくれる鎧でもあります。
    なので一長一短なのがシリコン入りのシャンプーです。 ノンシリコンシャンプーにはこのシリコンが含まれていないため、トリートメントした際に、その補修成分が髪に浸透しやすいメリットがあります。
    ただし通常のシリコン入りのシャンプーもしっかりと完全に洗い流せば毛穴にそうそう詰まったりはしないという話もあるため、「ノンシリコン」>「シリコン入り」と言えるかというと、一概には言えないという意見も多いです。

  • ノンシリコンシャンプー

    シリコンというコーティングが無い分、パーマの掛かりが良くなったり、カラーが入りやすかったりというメリットがあります。
    逆にシリコン特有の指通りが無くなり、使うシャンプーによっては髪がきしむように感じられることがあります。 ただこれはトリートメントやオイル成分配合のノンシリコンシャンプーを使用することで緩和できるでしょう。ただしオイル成分はは時間経過とともに劣化(酸化)するため、臭いがきつく感じることもあるので体質に合わせて選ぶ必要がありそうです。

    もっとも注意したいのが、ノンシリコンであればすべて良いという風潮です。決してそんなことはありません。シリコンは元々洗浄成分でも有効成分でもなんでもなく、ただのコーティング剤です。重要なのはシャンプーに含まれる洗浄成分です。安価なシャンプーと同じダメージの多い洗浄成分を多く使っているようなノンシリコンシャンプーではデメリットしかないということになります。アミノ酸やベタイン系の洗浄成分中心のシャンプーだと安心かもしれません。

    また、ノンシリコンは泡立ちが悪いといわれますが、シリコンはあわ立ちに関係ありません。ただの無害なコーティング剤です。あわ立ちの良いシャンプーはキツい洗浄成分が多く入っているため、結果ノンシリコンシャンプーがあわ立ちにくいと言われているに過ぎません。

pageTop