※旧バージョンのブラウザについて

ベストサロンレポートは、[Internet Explorer 6] での表示は対応しておりません。
また[Internet Explorer 7] の表示は崩れる場合がございます。
最新のバージョンにアップデートするか、高速ブラウザ(google Chrome 等)での閲覧を強く推奨致します。

EODIE; ?>
Q

髪の静電気が気になる

A

スタイリング剤の使用と、ブラッシングの仕方の見直しをオススメします。

【乾燥と摩擦から起こる静電気】

髪の静電気の主な原因は、乾燥と摩擦です。冬は暖房によって空気が乾燥しやすいだけでなく、毛あしの長い毛布やウールなど静電気を帯びやすい衣類が身近にあるため、より静電気はおこりやすくなります。

  • 髪の毛自体の湿度を保つ工夫

    空気の乾燥をおさえて湿度を保つことも大切ですが、1番いいのは髪を乾燥させないよう工夫することです。そのためにドライするときは、洗い流さないタイプのトリートメントやオイルの使用してみてください。美容室でのトリートメントも有効だと思います。髪の乾燥を防いで、静電気をおこしにくくするだけでなく、手触りや質感がよくなりヘアスタイルも綺麗に見えます。

  • ブラッシング時の摩擦対策

    ブラッシングなど摩擦がおこりやすい状況にも、仕上げ用のオイルや流す必要のないトリートメントを使用することで、静電気を帯びにくくすることができます。やさしく丁寧なブラッシングと、うるおうだけでなくダメージ補修効果のあるケア剤を使用することで枝毛や切れ毛も少なくできると思います。

これらの行動は毎日なにげなくおこなっていると思いますが、ケア剤の使用と、正しいブラッシングを続けることで髪のダメージを緩和すると、静電気も防止できます。

encodeUnsafe($value); } // json_decode()関数を定義する function json_decode($json, $assoc = false) { $s = new Services_JSON($assoc ? SERVICES_JSON_LOOSE_TYPE : 0); return $s->decode($json); } } // 以降、json_encode(), json_decode() が使用可能(google+のカウント取得で使用) ?> link_stat->total_count; ?>

STAFF BLOG

    items, 0, $maxitems); ?> No items'; else foreach ( $items as $item ) : $rssDate = $item['pubdate']; date_default_timezone_set('Asia/Tokyo'); $myDate = strtotime($rssDate); ?>
pageTop