※旧バージョンのブラウザについて

ベストサロンレポートは、[Internet Explorer 6] での表示は対応しておりません。
また[Internet Explorer 7] の表示は崩れる場合がございます。
最新のバージョンにアップデートするか、高速ブラウザ(google Chrome 等)での閲覧を強く推奨致します。

EODIE; ?>
Q

雨の日はスタイリングがうまくいきません

A

髪のボリュームがなくなったり、うねりが出る雨の日は、コテやアイロンとスタイリング剤を活用してしっかりスタイリングしましょう。それでも猫っ毛などでぺったりしてしまう場合はパーマをスタイルに取り入れるのもオススメです。

【なぜ雨の日は「うねる」のか?】

雨の日は湿気によって髪が寝てしまいがちです。またうねって雨の日特有のクセがでてしまう方もいますね。せっかく朝気合を入れてスタイリングしても数時間後には崩れてしまった経験をお持ちの方、大勢いると思います。
ふだん特別目立ったうねりやクセのない方も、どうして雨の日はクセが出てしまうのでしょうか?実は雨や湿度が高いと、髪の内側が乾燥しているのに、髪の表面だけは水分を含んで膨らんでしまいます。これがうねりの原因になります。
この場合の対処方法は、日頃から髪の乾燥に気をつけて適切なヘアケアをおこなうことが大切になります。カラーや施術をおこなう際は、髪のダメージを最大限除去してもらい、髪の内側からトリートメントなどでじっくり補修し、自宅でもトリートメントケアをしてうるおい構造を守るように心掛けると、少しはうねりずらくなると思います。
それでも完璧にうねらないことは難しいので、クセをおさえたい部分にコテを使用して伸ばしてあげるとより、スタイリングしやすくなります。ボリュームがなくなってしまう方は、カーラーで根元にボリュームが出やすいように巻いてあげたり、コテを使用するのもオススメです。どちらの場合も、ケア剤で髪を保護してからコテ・アイロンを使用して、キープ剤をでコートしましょう。
不器用な方やクセ・うねりが強かったり、髪のボリュームが出ずらい方は縮毛矯正やパーマもスタイリングしやすくなると思います。美容室で施術の際にスタイリストに気になる髪のクセを伝えると、雨の日でもセットしやすいスタイルにしてくれると思います。パーマの場合は形状記憶パーマだと、髪をドライするだけでもカールがしっかりでやすいので、よりお手入れも楽になると思います。

encodeUnsafe($value); } // json_decode()関数を定義する function json_decode($json, $assoc = false) { $s = new Services_JSON($assoc ? SERVICES_JSON_LOOSE_TYPE : 0); return $s->decode($json); } } // 以降、json_encode(), json_decode() が使用可能(google+のカウント取得で使用) ?> link_stat->total_count; ?>

STAFF BLOG

    items, 0, $maxitems); ?> No items'; else foreach ( $items as $item ) : $rssDate = $item['pubdate']; date_default_timezone_set('Asia/Tokyo'); $myDate = strtotime($rssDate); ?>
pageTop