※旧バージョンのブラウザについて

ベストサロンレポートは、[Internet Explorer 6] での表示は対応しておりません。
また[Internet Explorer 7] の表示は崩れる場合がございます。
最新のバージョンにアップデートするか、高速ブラウザ(google Chrome 等)での閲覧を強く推奨致します。

EODIE; ?>
Q

枝毛・切れ毛の対処法は?

A

キューティクルが開くと、髪が傷んで枝毛・切れ毛の原因になります。髪の内側のダメージケアと合わせて、キューティクルを傷めないように気をつけましょう。

【髪を傷めないために】
  • シャンプー時の注意

    キューティクルが開く原因としてまず考えられるのがシャンプーの仕方です。洗浄力の強いシャンプー剤でゴシゴシ髪をこすり過ぎてしまうと、摩擦によって髪の表面のキューティクルにダメージを与えてしまいます。キューティクルは濡れているときほど、開いて剥がれやすくなっているので、髪への負担が少ないシャンプーでよく泡だてながら、優しく地肌をマッサージするように洗ってください。

  • ドライ時の注意

    髪を洗った後は、当然髪をとかしますよね。タオルで水気をとってからドライヤーをかけると思いますが、このときも髪はデリケートな状態なので、ゴシゴシ強くこすらずに、おさえるようにして水気をとりましょう。ドライヤー前には熱に反応するトリートメントを髪の毛全体に馴染ませ、根元から毛先にむかってキューティクルの方向に合わせてドライヤーの風をあててください。

  • 髪をとかす際の注意

    コームやブラッシングは毛先の方から少しずつとかし、ひっかかったときには強くひっぱらないでもつれた部分を徐々にほどいてあげてください。

  • その他

    トリートメントで髪のダメージを補修することも効果がありますが、一度切れ毛・枝毛ができるほど傷んだ髪は完全にもとにもどることはないため、カラーやパーマ、日常生活でも髪に負担をかけないことも、とても大切です。

encodeUnsafe($value); } // json_decode()関数を定義する function json_decode($json, $assoc = false) { $s = new Services_JSON($assoc ? SERVICES_JSON_LOOSE_TYPE : 0); return $s->decode($json); } } // 以降、json_encode(), json_decode() が使用可能(google+のカウント取得で使用) ?> link_stat->total_count; ?>

STAFF BLOG

    items, 0, $maxitems); ?> No items'; else foreach ( $items as $item ) : $rssDate = $item['pubdate']; date_default_timezone_set('Asia/Tokyo'); $myDate = strtotime($rssDate); ?>
pageTop