Q

カラーリングにはどんな種類があるの?

A

カラーリングは一般的には、アルカリ性カラー、酸性カラー(ヘアマニキュア)、ブリーチ剤、ハーブカラー (ヘナカラー)、黒染めの5種類があります。

【カラーリングの種類】
  • 【アルカリ性カラー】

    一般的なカラーリングで、髪の中のメラニンを分解してそこに色素をのせていく方法です。明るい色でも綺麗に発色し、色持ちも良いですが、時間がたつと色素が少しずつ抜けてやや明るい色合いになります。ダメージを受けた髪だと、髪の表面をコーティングするはたらきのあるキューティクルがはがれて、カラーの色素が流出しやすく、早く色が抜けてしまいます。
    また、髪はもともと弱酸性なので、反対のph値のアルカリ性カラーはケアをしっかりしてくれるサロンで施術しないと、カラーリングするたびに髪には大きな負担をかけてしまいます。
    また、髪の色を戻したいときには、自然に伸びるのを待つか染め直しをおこないます。
    白髪染めに用いられる場合は、メラニンを分解する脱色作用がなく、自然の髪色に近いカラーをのせていきます。
    (色持ち;1~3ヵ月くらいのものが多い)

  • 【酸性カラー(ヘアマニキュア)】

    髪のキューティクル表面に色素をコーティングするカラーリングです。色の発色はアルカリ性カラーほど強くないため、黒髪だとあまり色がつかないのが難点です。しかし、ブリーチ剤などで、極端に色味を抜いた髪にのせると、ショッキングピンクやブルー、原色系などアルカリカラーでは出せない色味を表現することができます。
    アルカリ性のカラー剤に比べると色落ちしやすいですが、髪表面をコーティングして発色するため、髪を傷めません。市販品では、髪を脱色する薬剤が混ざったものもあり、そちらを使ってしまうと髪を傷めてしまうため、注意が必要です。
    構造がリンスやトリートメントに似ているため、シャンプーをしていると自然に色が抜け、専用のリムーバーでも落とすことができます。
    (色持ち;2~3週間くらいのものが多い)

  • 【ブリーチ剤】

    ブリーチ剤は、髪の色素を分解し、脱色する薬剤です。ブリーチ剤ではカラー剤のように色素を髪に入れるのではなく、脱色により、黒・茶色・黄色・白という順番で色素が抜けた髪の色になっていきます。色素が完全に抜けた状態が白髪ですが、通常のブリーチ剤ではそこまで色素を落とすことはできません。明るさは施術時間の長さにより調節することも可能ですが、色味はその人の本来持っている色素の影響を受け、ブリーチ剤だけでは他の色味を加えることはできません。
    アルカリ性が高い薬剤のため髪への負担も大きく、かなり明るいトーンへと繰り返し使用すると髪がボロボロになってしまうこともあります。
    また、髪の色素を抜くため、ブリーチ剤だけの使用だと色味はあまり抜けずらい様です。明るい色味にするためにブリーチ剤を使用した後にアルカリ性カラー剤などを使用すると、髪のダメージにより色が抜けやすく、色味によっては2週間くらいで抜けてしまうこともあります。
    市販品のブリーチ剤は、美容室のものに比べると髪への負担が大きく、もともと扱いが難しい薬剤のため、ブリーチ剤を使用する場合は美容室に相談されることをオススメします。

  • 【ハーブカラー (ヘナカラー)】

    ヘナという植物を染料として染めるカラーリングです。100%ヘナのカラー剤にはトリートメント効果もあり、天然成分なので髪を傷めずに染めることができます。カラーリング時に頭皮がヒリヒリした経験のある方でも、天然成分なので安心して染めることができます。しかし、染まりにくいために施術時間がかかったり、脱色できないためあまり明るい色味に染めることは難しいです。
    白髪染め用のヘナカラーでは、一般的な染料をヘナに混ぜたものがあり、ヘナ100%のものより安定して早く染めることができます。髪へのダメージも少なくすみます。こちらも染料がそこまで多く入っていないため、髪の色を明るくするのは難しいです。
    ハーブカラーでも一般的なケミカル系のカラー剤と同じくらい明るく幅広く染めることのできるものもあります。これは天然成分の染料とハーブを調合していて、色味が豊富で発色も綺麗です。明るさは10トーンくらいまでなら染められるものが多いようです。
    しかし、ハーブカラーと呼ばれているカラー剤でも、ケミカル系の染料にハーブを加えただけのものもあるので、しっかり美容室に確認するのがオススメです。

  • 【黒染め】

    髪を明るくした後に、トーンダウンするためのカラー剤です。ブリーチした髪でも暗くトーンダウンすることはできますが、残っている色味によっては緑がかったような思わぬ色がでてしまうこともあります。
    一般的に黒染めをおこなうと、そのままではブリーチ剤やカラー剤を使用してもムラになってしまったり、均一に染めることが難しくなってしまいます。そのため、一度黒色の残留染料を薬剤で落としてから染めなければいけなくなります。この薬剤はコスメ系の髪に優しいものもありますが、やはり、黒染めの黒い色素を完全に抜くことは難しいため、トーンダウンしたいときは美容室にいって相談するのがいいかもしれません。

pageTop