Q

パーマにはどんな種類があるの?

A

パーマは現在の主流としては、従来のコールドパーマ、水パーマ、ミルクパーマ、形状記憶パーマ(デジタルパーマ)、コスメパーマの5種類があります。

【パーマの種類】
  • コールドパーマ

    従来のコールドパーマでは、薬剤を髪に浸透させて、髪内部の結びつきを一度ほどいた状態で、ロッドを使用してクセをつけてカールを固定します。縮毛矯正をおこなっている場合などは、コールドパーマと相性がよくないこともあるため、必ずスタイリストに相談してください。随分前でも矯正の効果は残っていることもあり、さらにパーマを重ねると髪に酷くダメージを与える原因になります。

  • 水パーマ

    水パーマは、従来の薬剤より弱い薬剤を細かな蒸気の力で浸透させてカールをさせます。この施術で使用する蒸気はとても細かく、髪に浸透するときにキューティクルをひろげながら内部に浸透していきます。この蒸気の浸透した通り道に薬剤が浸透していくため、従来より弱い薬剤を使用しても比較的短い時間でダメージも少なくパーマをかけることができます。カール力はそれほど強くないため、縮毛矯正やデジタルパーマをかけている髪にはかかりにくいですが、弾力のあるもちっとした仕上がりが特徴です。

  • ミルクパーマ

    ミルクパーマは、粘性のある薬剤で髪にしっかり浸透させていきます。ダメージは少なく、髪質もやわらかくなる半面、健康でサラサラな髪だとかかりずらいため、ダメージヘアの人にむいている施術です。縮毛矯正した髪にもかけることができ、ボリューム調整しやすく、アレンジも楽しめるスタイルに仕上げることができます。時間はコールドパーマと水パーマの中間くらいのものが多いようです。

  • 形状記憶パーマ

    形状記憶パーマは、デジタルパーマとも呼ばれています。再現性が高く、ブローしながら手でもスタイリングをおこなえるうえに、コテで巻いたようなリッチなスタイルが特徴です。パーマがかかりにくい髪質の方も綺麗なパーマをかけることができますが、施術に時間がかかってしまうことと、スタイリストによっては髪を傷めてしまうため注意が必要です。

  • コスメパーマ

    コスメパーマは化粧品登録をしている、髪にも地肌にも刺激が少ないパーマです。柔らかい質感に仕上がるのが特徴で、カラーと同時施術できるものもあります。コスメパーマは低刺激ということで、カール力が弱いと思われている方もいるかもしれません。製品によっては通常の薬剤より、髪の内部の結びつきを早く切り離し、施術時間を短縮して髪の負担を減らしたうえに、しっかりしたカールを実現することも可能です。

pageTop